空想書斎 -ジャンプ感想と作曲のページ-

おもにジャンプ感想と自作曲のページです。作曲後はニコニコにアップしてます。その他、イラストを描くことがあったりなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
ぜひ1クリックを⇒
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2007年51号のジャンプ感想 

今週から面白かった順にでも書いてみようかと
急遽思い立ったのでテスト。

◆番外 ベルモンド -Le VisiteuR- 最終幕 その夜、月明かりのもと
 俺たちの戦いはこれからだ!…でしたね。
 せめて、俺たちの拷問はこれからだ!で終わってくれればよかったんですが…
 第1話は拷問をテーマにしている意欲作かと思ったんですが、中盤からは拷問関係ないじゃん
 ってノリになったのが残念でしょうがないです。そこがぶれちゃダメだと思うんだ。
 ところでダルタニアンの動機はわかったけど、アトスが放置プレイされた理由はなんだ?
 やっぱり、あの飲んだくれはダメだ。っていう消去法しか思いつかんよ。

◆5位 BLEACH 300.Curse Named Love
 5位あたりはあんまり変わらなくてなやむなあ。とりあえずブリーチで。みたいなノリです。
 勝因はゾマリの「邪眼僧伽(ブルヘリア)」の発動ポーズのチャーミングさでしょうか。
 ザエルアポロさんは剣を飲み込まなきゃダメだし、なんで最近のエスパーダのみなさんは
 曲芸みたいな発動ポーズになったのやら。
 ただ、名前を呼べば答えてくれたアランカルの刀剣発動が懐かしい。
 今回のブルヘリアは相手の支配権を奪うことだし、ザエルアポロさんも人形にした相手の
 支配権を奪うのに近いので能力がえげつないほど変なポーズで刀剣解放しなきゃいけない
 制限でもあるのかねえ。
 グリムジョーさんは普通に発動できてたし。

◆4位 D.Gray-man 第137夜 捨て子とピエロ
 またしても伏線が募りに募っていくこの作品。何のために方舟でドンパチやってたか
 記憶にまったくありませんが、14番目のノアとかまた話を膨らませ始めたのが楽しいです。
 バトルを短めにして話をころがしていくのは大変だとおもいますが。

◆3位 P2! -Let's play Pingpong!- STEP57 幻想の喪失
 ゼロバウンドとかいう珍妙な技を使った試合の次の試合なのに、次の試合は生まれ持っての
 筋繊維の本数とか妙に理論的な部分で攻めてきたなあ。
 身に合わぬ袈裟ってそういう意味か…技術力はあるがその技術に力がついていけない、
 しかもそれが克服できるものではない。中学生が背負う枷にしては重すぎるかと。
 「嘲る変拍子(イレギュラー・タイム)」…多分勝手に相馬がつけてるんだな。うん。
 あきらかに川末本人がつけてないだろうなあ。
 突然、川末が「イレギュラー・タイム!」とか叫びながらフェイント入れたら爆笑したと思うけど。
 中学生で普通に変拍子という言葉がでてくる相馬が好きです。

 打ち切りの噂が出回ってますが、ほんとだったらおしいなあ…
 しかも打ち切りしていいタイミングでもないしなあ、あと1話or2話でどうまとめるのか
 それはすごく気になりますが。

◆2位 SKET DANCE 第18話 ヌスット・ダンス 隼の章
 なんで話がぐでんぐでんの方がこのマンガは面白いんだろう。
 ところで、他のサイトを見ると勇者学はギャグマンガ枠なので生き残りだろうと言われてますが
 スケットダンスはギャグマンガではないのか?正直こっちの方が笑える。

 マンガのテクニックを好き放題できるロマンちゃんは無敵のお笑い兵器だと思いました。
 ページまたぎとか、ページまたぎとかページまたぎとか。
 ええ、一番クリーンヒットしましたともさ。

◆1位 HUNTER×HUNTER No.267 発動
 コムギが本当に死んでしまいました(死んでなくとも致命傷)。
 これに対して王の顔は隠れているは、ピトーは不吉を感じているは、
 もう次週がどうなるのか気になって仕方がない。
 王が切れて攻撃が単調になるのか、すべてを容赦なく破壊しつくすようなるくらいしか
 話の流れがいかないんだよなあ…
 コムギがいて和解への道に進むのかと思わせておいて、それを容赦なく否定する
 ストーリー展開はお見事でした。
 …でも、この進展のあとまた休載するんですよね…

◆おまけ
 ・NARUTO
  仙人モードでも勝てないとかいいはじめましたよ。
  まだ仙人モードのろくな説明も受けてないというのに。
 ・テニスの王子様
  当てないだけ桃城もえらいよね。試合ならあてるよね。
  いまさら重りをつけてましたなんていうテニス界では普通のアクションをとられても困るよ
  立海のお二人さん(ジャッカルと丸井だっけ?)。
 ・ONE PIECE
  いつもとちがってひっぱらないのは偉いけど、オーズもモリアも勢いにやられた気がして
  なんかがっかり。今回はひっぱってもいいのでオーズだけ倒したことにして
  モリアと1対1で戦ってほしかったところ。まあ、1対1向きのスキルではないのだけれど。
 ・アイシールド21
  蛭魔の右腕やられたにしても、黒塗り2ページはやりすぎ!
  夜神月みたいに死んだ時ぐらいにして下さい。まあ少なくともこの試合の選手としては
  殺されたわけだけど、月と比べると衝撃が無いんだよな~…



HUNTER×HUNTER NO.24 (24) (ジャンプコミックス) HUNTER×HUNTER NO.24 (24)
(ジャンプコミックス)

冨樫 義博 (2007/10/04)
集英社

この商品の詳細を見る
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
最近のコメント
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。