空想書斎 -ジャンプ感想と作曲のページ-

おもにジャンプ感想と自作曲のページです。作曲後はニコニコにアップしてます。その他、イラストを描くことがあったりなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
ぜひ1クリックを⇒
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【ネウロ】 第7話 箱【はこ】  

今週は週中に見れました、ネウロ。
初登場のXiはなかなかに微妙でした。
今回は原作があってもかなり酷評です。
それでも気になる方は「続きを読む」からどうぞ。

初登場が微妙なXi。
原作ではサイにやられて二階級特進した刑事が実はサイだったという変更が微妙すぎる。
ただ変身できるだけの人になってしまって見えるんですよね。(それでも現実ばなれはしてるけど)
原作の「死者が甦り、さらに若返る」あのインパクトを再現できてないんです、残念なことに。
あのシーンで現実を圧倒的に超える異常さが表現されていたのに、なんであえてスケールを
落としにかかったのかがわからない。

堀口明がまだ人間的でおばあちゃんが殺すことができませんでした、っていう風に変えたなら
まだ納得はするけど。(肉親殺しをやってしまった以上、実はもうすでに殺されていたので
結果として肉親を殺してはなかったという方が救いがある解釈できるため。)
人が生き返る表現をすることができない理由でもあったんかなあ。

あと、笹塚は家族がサイに殺されたことがなかったことにされてるんですよね?
サイに対する憎しみがものすごく中途半端に感じました。
「俺には法がある。」思いっきり甘くなってるので。

結局、「貴様の日付はいつになったら変わる?」に対しても弥子が落ち込むことなく、
さらっと次の話が進んでるし。そんなどうでもいい一言でもなかったでしょうに。
アヤ・エイジアとの接点がないとは言えこの投げやりさも減点。

妹歯建設だけはわざとやってるんだけど攻撃力がなくて残念。
アニメの監督は「犯人変身させときゃいいか」ぐらいに見てるんじゃないだろうか…


魔人探偵 脳噛ネウロ 2 魔人探偵 脳噛ネウロ 2
(2008/01/23)
バップ

この商品の詳細を見る
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
最近のコメント
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。