空想書斎 -ジャンプ感想と作曲のページ-

おもにジャンプ感想と自作曲のページです。作曲後はニコニコにアップしてます。その他、イラストを描くことがあったりなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
ぜひ1クリックを⇒
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

"文学少女"と恋する挿話集(エピソード) ②/野村美月 

“文学少女”と恋する挿話集 2 (ファミ通文庫)“文学少女”と恋する挿話集 2 (ファミ通文庫)
(2009/08/29)
野村 美月

商品詳細を見る


【あらすじ】
親切だけどお節介で早とちりなななせの親友・森ちゃん。
そんな彼女に恋する少年・反町の前に、“文学少女”が現れて――!?
『“文学少女”と愛を叫ぶ詩人(ハイネ)』、に心葉に恋するななせの切ない胸の裡を描く『ななせの恋日記』ほか、今回はななせ&森ちゃん達をメインに贈る、物語を食べちゃうくらい深く愛する“文学少女”の、恋する挿話集第2弾。
時に本編で語られなかった秘めた想いまでもが描かれる、甘く切なくほろ苦い、珠玉の恋のエピソード集。

【感想】
今回も前回の短編集(挿話集1)と同じで、特に事件は発生せず、平凡な(?)1日が描かれていきます。
とはいっても、本編の裏側で並行進行している部分を取り出したりもしているので、「ああ、あのときのあれはこうなっていたのか。」と本編を読んだ方なら、より楽しみがますことでしょう。

特に「ななせの恋日記 ~特別編~」は本編最終章のクライマックス部分の裏側なので、特に物語に入り込むことが出来ます。本当にななせはよく耐えたと思います。文章なのに感情が痛々しいほど伝わってきます。
この『特別編』も「見とどけた」というだけで「克服した」というものではないので、ななせの傷(?)が言える物語をいつかきちんと書いて欲しいな、と思います。

「"文学少女の今日のおやつ ~『飛ぶ教室』~」を読んでいて思ったのですが、わざわざ伏せてあるところをみると「ホモ」は出版禁止用語になってしまったんでしょうか?「やおい」が伏せてないのに、「ホモ」だけ伏字になっているんですよ。
ここらへんの区分けをどうやってやっているのかはぜひ知りたいところ。物書きに興味は無いけど「差別用語は使わない」の配慮から禁止用語は増えていっているはずなので、今、何を使ったらダメなのかは知っておきたいところです。

あと、今回は冒頭のななせの独白にやられました。
たった2ページ(というか、1ページと1行)の中で、切々と自分では1番になれないことを語り続け、それでもなお、好きなのだということを告白する、要約するとたったそれだけのことですが、結構胸にくるものがあります。
特に最後の1行。「それでも、あたしは彼にずっと恋をしていた。」
この言葉にやられました。「恋していた」ではなく「恋をしていた」。ついうっかり口に出して読んでみると、言葉の重さが違うように感じられます。
そこまで言葉を選んで著者が文章を書いているのだなぁ、と感じることの出来た1文でした。

当たり前のですが、"文学少女"をこれから読もうと思っている人は、最初っから読んでくださいね。
最新刊かつ短編だからって、この本から読むと裏話ばかりでさっぱりわかりませんよ。お気をつけて。

あ、あと森ちゃんの弟君は「ルパン」ですよね、きっと。

“文学少女”と恋する挿話集 2 (ファミ通文庫)“文学少女”と恋する挿話集 2 (ファミ通文庫)
(2009/08/29)
野村 美月

商品詳細を見る

関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
最近のコメント
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。