空想書斎 -ジャンプ感想と作曲のページ-

おもにジャンプ感想と自作曲のページです。作曲後はニコニコにアップしてます。その他、イラストを描くことがあったりなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
ぜひ1クリックを⇒
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

"文学少女"見習いの、初戀(はつこい)。/野村美月 

“文学少女”見習いの、初戀。 (ファミ通文庫)“文学少女”見習いの、初戀。 (ファミ通文庫)
(2009/04/30)
野村 美月

商品詳細を見る


【あらすじ】
聖条学園に入学した日坂菜乃は、ひとりの上級生と出会う。
文芸部部長、井上心葉。彼に惹かれ、勢いで文芸部に入部してしまった菜乃だったが、心葉の胸には既にひとりの"文学少女"が宿っていた。
まるで相手にされず、落ち込む菜乃。けれど、彼女がある事件に巻き込まれ、追い詰められたとき、心葉は告げる。「気づかないふりも、目をそらすことも、もうしないって誓ったんだ」
――文学初心者の少女が物語に隠された真実を探す、もうひとつの"文学少女"の物語!!

【感想】
外伝として綴られるにはあまりにインパクトのあるストーリー、日坂菜乃の物語。
今回は近松門左衛門の「曽根崎心中」をベースにお話が繰り広げられます。

物語は心葉くんと遠子先輩の別れのシーンから始まります。
別れのシーンを見た日坂菜乃は胸が締め付けられ、憧れにも近い恋に落ちます。
シーンは変わり、心葉くんが3年生になり、新入生+文芸部の新入部員として菜乃が入部し、そこから始まる物語。

これまた、「神に臨む作家」でエピローグが書かれているように、ななせと同じで実ることの無い恋なのでしょう。
でも、心葉くんと菜乃の成長には必要な物語になるのだと思います。

心葉くんの小説を覗き見して、心葉くんの遠子先輩への思いは知っていながら、諦めずに好きでい続けることを決めた菜乃。
心葉くんと一緒の時間を共有し、そこから何を得て、何を考え、成長し、心葉くんへの恋を自分なりに理解することが出来るようになるのか。そこが次回に続く重要な部分なのだと思います(思い込んでます)。

「神に臨む作家」で遠子先輩の替わりをやってのけ、成長の片鱗を見せていたとはいえ、遠子先輩との別れは心葉くんを成長させていたみたいです。ストーリーのクライマックスは若干上手く説得できなかったとはいえ、今まで"文学少女"のしていた"それ"と遜色が無いように感じました。

そして、逆の見方をすれば"文学少女"と正反対の位置に立つ菜乃を心葉くんが見ていくことで、心葉くんの何かしらの価値観も少しだけ変わっていくのではないでしょうか。

それにしても、毎度毎度、不憫な役柄とで出演し続けるななせは作者に愛されているのか、愛されていないのか……遠子先輩には勝てないことを理解しながら、今もまだ心葉くんのことを大切にしているのがちょっとせつないです。6年後には吹っ切っているみたいですが、狭き門をくぐりそこでななせが何に出会ったのか、その話もいつか書いてくれるとうれしいですね。

“文学少女”見習いの、初戀。 (ファミ通文庫)“文学少女”見習いの、初戀。 (ファミ通文庫)
(2009/04/30)
野村 美月

商品詳細を見る

関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://bookhouse.blog96.fc2.com/tb.php/329-5ae30c5b

野村美月・竹岡美穂/ファミ通文庫 文学初心者の少女が綴る、もうひとつの"文学少女"の物語! 聖条学園に入学した日坂菜乃は、ひとりの上級生と出会う。 文芸部部長、井上心葉。彼に惹かれ、勢いで文芸部に入部してしまった菜乃だったが、心葉の胸には既にひとりの"文学少..
[2009/10/07 02:50] 現代ラノベ学
ブログ内検索
最近のコメント
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。