空想書斎 -ジャンプ感想と作曲のページ-

おもにジャンプ感想と自作曲のページです。作曲後はニコニコにアップしてます。その他、イラストを描くことがあったりなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
ぜひ1クリックを⇒
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

"文学少女"と月花を孕く水妖(ウンディーネ)/野村美月 

“文学少女”と月花を孕く水妖 (ファミ通文庫)“文学少女”と月花を孕く水妖 (ファミ通文庫)
(2007/12/25)
野村 美月

商品詳細を見る


【あらすじ】
『悪い人にさらわれました。着替えと宿題を持って、今すぐ助けに来てください』
―そんな遠子からのSOSで、夏休みを姫倉の別荘で“おやつ”を書いて過ごす羽目になった心葉。
だが、そんな彼らに、八十年前起こった惨劇の影が忍び寄る。“令嬢”“学生”そして“妖怪”。役者は揃い舞台は整い、すべては再び崩壊に向かう。
事態を仕組んだ麻貴の望みとは?自らの“想像”に心を揺らす、“文学少女”の“秘密”とは―。
夢のようなひと夏を描く、“文学少女”特別編。

【感想】
第6弾は番外編で、泉鏡花の「夜叉ヶ池」。これまた近代文学なので読んだことのない作品です。
というか、また女が男に裏切られるのか!近代文学というやつは!

今作を読んでいて、「夜叉ヶ池」よりも「外科室」を読みたくなりました。

「あなたは私を知りますまい」
「忘れません」

このやりとりがベースとなる夜叉ヶ池のストーリーよりも深く頭に残っています。
ただ、一番の問題は自分に近代文学を読むスキルがないことです。「忘れません」の意味を遠子先輩が説明してくれているからいいのですが、自分ひとりで読もうものなら、「忘れません」=「あなたのことを忘れているはずがないではありませんか。」という過去から未来への記憶ではなく、「こんな暴挙を侵した人のことを忘れるはずがないではありませんか。」と、現在から未来への記憶(しかも歪んだ)で読み取りそうな気がしています。

今回は横長の挿絵といい表紙といい、ことごとくイラストがきれいでした。
特に表紙。服への淡い緑色の映りこみがきれい過ぎます。おもわず“文学少女”の追想画廊が欲しくなりました。しばらくしたら買っているかも知れません。
それくらい、大きい絵で見てみたい。

それにしても、わかっていたことだけれども、目的のために手段を選ばない麻貴先輩が怖すぎる。
犯人とは別ベクトルで怖すぎる。この行動をしてこその麻貴先輩ではあるのだけれど。

心葉くんと遠子先輩が1冊の本を声に出して一緒に読んでいたりだとか、どうしても言えない秘密を隠して、隠し通すために心葉くんに噛み付いて必死でこらえたりするとか、幸せすぎる分、前作とのギャップが大きいというか。なんていうか、日常パートがすごくほんわかした。この部分だけで、事件とか起こらなくても文句を言わないくらいに。

すごく幸せでいいお話でした。(魚系の攻撃は生臭くて嫌ですが。)

“文学少女”と月花を孕く水妖 (ファミ通文庫)“文学少女”と月花を孕く水妖 (ファミ通文庫)
(2007/12/25)
野村 美月

商品詳細を見る

関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
最近のコメント
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。