空想書斎 -ジャンプ感想と作曲のページ-

おもにジャンプ感想と自作曲のページです。作曲後はニコニコにアップしてます。その他、イラストを描くことがあったりなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
ぜひ1クリックを⇒
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

"文学少女"と慟哭の巡礼者(パルミエーレ)/野村美月 

“文学少女”と慟哭の巡礼者 (ファミ通文庫)“文学少女”と慟哭の巡礼者 (ファミ通文庫)
(2007/08/30)
野村 美月

商品詳細を見る


【あらすじ】
もうすぐ遠子は卒業する。
それを寂しく思う一方で、ななせとは初詣に行ったりと、ほんの少し距離を縮める心葉。だが、突然ななせが入院したと聞き、見舞いに行った心葉は、片時も忘れたことのなかったひとりの少女と再会する!
過去と変わらず微笑む少女。しかし彼女を中心として、心葉と周囲の人達との絆は大きく軋み始める。一体何が真実なのか。彼女は何を願っているのか──。
“文学少女”が“想像”する、少女の本当の想いとは!? 待望の第5弾!

【感想】
第5弾は宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」をベースにし、物語の核心に触れる人物「朝倉美羽」が登場するというクライマックスに近いストーリー展開でした。っていうか、クライマックスですよね?
「銀河鉄道の夜」は読んでいて挫折したことがあります。読みきったけど深く理解することはできませんでした。

ただ、物語中でもでてくる「ほんとうのさいわい」という言葉は頭の中にしっかりと残っています。
それが何かは決して解りませんでしたが。

そして、せっかくタイトルを出してくれたなら、「松の針」と「無声慟哭」にも言及して欲しかったところ。
『いっしょに行けとたのんでくれ 泣いてわたくしにそう言ってくれ』とか、『どうかきれいな頬をして あたらしく天にうまれてくれ』とか。
美羽が泣いて頼むことはないでしょうが切実な想いを打ち明けてほしいと願うところは心葉くんもしくは芥川くんの心情とかぶる物があるのではないでしょうか。

「永訣の朝」「松の針」「無声慟哭」はぜひ読んでみてほしいです。
教科書に載っているという理由から「永訣の朝」ばかり有名になっている気がしますが「松の針」「無声慟哭」も賢治の妹トシへの切実な思いを描いた傑作です。
情熱的でありながら切々と思いを語るその様はほんのわずかの檸檬の味がする冷たい氷のように、すっと喉と通っていくような感触です。ぜひ声に出して読んでみてください。
恥ずかしければ一人の部屋ででも。

さて、文学少女の真似事はどうでもいいとして、今回もやはり落としどころが見事でした。
やっていることが少女にしては極悪のような気がするけど(もうちょっと手加減しても…)同情の余地を持たせ、美羽自身が存在し続けるために心葉くんを傍につなぎとどめざるを得なかったんだと思わせるあたり、心の闇の深さと寂しさが入り混じったすごいキャラクターだなぁと思いました。

孤独の中で一人耐えてきた少女として美羽の過去を明らかにし、そしてそこから文学少女の手を借りて心葉くんが美羽の心を救い出す。一連の流れが見事です。
よくそこに着地できるなぁ。と感心せざるを得ない。

それに加えて、琴吹さんと美羽のケンカを見て、女って怖いなあと思いました。
最後には分かり合えないまでも、少し琴吹さんの存在を許している美羽を見て、変わるものだなと思いました。

あと、この巻の芥川くんと琴吹さんの扱いの悪さは異常だと思います。なんていうか不憫です。

“文学少女”と慟哭の巡礼者 (ファミ通文庫)“文学少女”と慟哭の巡礼者 (ファミ通文庫)
(2007/08/30)
野村 美月

商品詳細を見る


関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
最近のコメント
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。