空想書斎 -ジャンプ感想と作曲のページ-

おもにジャンプ感想と自作曲のページです。作曲後はニコニコにアップしてます。その他、イラストを描くことがあったりなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
ぜひ1クリックを⇒
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

"文学少女"と穢名の天使(アンジュ)/野村美月 

“文学少女”と穢名の天使 (ファミ通文庫)“文学少女”と穢名の天使 (ファミ通文庫)
(2007/04/28)
野村 美月

商品詳細を見る


【あらすじ】
文芸部部長、天野遠子。物語を食べちゃうくらい愛するこの“文学少女”が、何と突然の休部宣言!?
その理由に呆れ返りつつも一抹の寂しさを覚える心葉。
一方では、音楽教師の毬谷の手伝いで、ななせと一緒に放課後を過ごすことになったりと、平和な日々が過ぎていくが……。クリスマス間近の街からひとりの少女が姿を消した。
必死で行方を追うななせと心葉の前に、やがて心葉自身の鏡写しのような、ひとりの"天使"が姿を現す――。
大好評シリーズ第4弾!

【感想】
今度の文学少女は「オペラ座の怪人」をテーマにした第4弾。
毬谷先生と鏡粧子さん、そして臣くんと3人の今作限定の登場人物がでてきました。
ただ、序盤に誰にも共感できなかったことと、遠子先輩の出番が少なかったこともあり、なんとなく序盤を読んでいくのがしんどかったです。
ななせさんと心葉くんが少しだけ心を通わせる回としては非常に価値があったんですけどねぇ。

というか、毬谷先生には最後まで共感できませんでした。
「芸術家としての成功なんて儚いものです。私は、そんなものより、この一杯のチャイのほうを選びます。」
この台詞は心葉が心に残したように、心に残りそうだったのに、本性を明らかにした時に見せた成功者への嫉妬がどうにも気に食わなかったのです。
自分が失ったものに対して、諦めきって嘘を吐き続けるなら完全に嘘を吐き続けてほしかった。
そして、その嘘に対して人を巻き込むようなことはしてほしくなかった。
夕歌が椿となってまで戦い続けようとしたのに、それを自分の諦めから戦いをやめさせようとするなんて大人のすることじゃない。
……うん、書き殴ってみてわかったけど、毬谷先生が嫌いになる程度には感情移入しながら読んでいたんだな。

遠子先輩の出番が少なくなったことで朝倉美羽の影の色が濃くなってきて、ななせも本筋に初めてからみ、少しずつ関係が変わっていく。全体を「起承転結」で言えば、ちょうど「承」が終わったあたりなんでしょうか(発行冊数的にも)。
ちょっと全体的に重たかったので、次はもう少し軽いといいなあ。

あ、オペラ座の怪人も読んだことはありません。
あまりに有名なので大まかなストーリーは知っていましたが。
合唱をする人だったので、オペラやミュージカルはビブラートが苦手で敬遠してます。
小説くらいは読んでみるかなぁ……

“文学少女”と穢名の天使 (ファミ通文庫)“文学少女”と穢名の天使 (ファミ通文庫)
(2007/04/28)
野村 美月

商品詳細を見る


関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://bookhouse.blog96.fc2.com/tb.php/321-e92a9a8c

ファミ通文庫 著作名:“文学少女”と穢名の天使(アンジュ) 著者名:野村美月(のむら みづき) イラストレーター:竹岡美穂(たけおか み...
ブログ内検索
最近のコメント
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。