空想書斎 -ジャンプ感想と作曲のページ-

おもにジャンプ感想と自作曲のページです。作曲後はニコニコにアップしてます。その他、イラストを描くことがあったりなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
ぜひ1クリックを⇒
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

"文学少女"と繋がれた愚者(フール)/野村美月 

“文学少女”と繋がれた愚者 (ファミ通文庫)“文学少女”と繋がれた愚者 (ファミ通文庫)
(2006/12/25)
野村 美月

商品詳細を見る


【あらすじ】
「ああっ、この本ページが足りないわ!」
ある日遠子が図書館から借りてきた本は,切り裂かれ,ページが欠けていた――。
物語を“食べちゃうくらい”深く愛する"文学少女"が,これに黙っているわけもない。「食べ物への冒涜だわ!」と憤る遠子に巻き込まれた挙句,何故か文化祭で劇までやるハメになる心葉と級友の芥川だったが……。
垣間見てしまったクラスメイトの心の闇。追いつめられ募る狂気。過去のあやまちに縛られたまま,身動きできず苦しむ心を,“文学少女”は解き放てるのか――? 【感想】
今回は武者小路実篤の「友情」でしたが、近代日本文学に疎い人間にとってはタイトルしかしらない代物でした。
にしても、近代日本文学って苦悩の末に裏切る話が多いですよね、夏目漱石の「こころ」、森鴎外の「舞姫」そして今回の武者小路実篤の「友情」。天秤にのった二つのものはどちらかしかとることができないわけですけれども。

ぶっちゃけてしまえば、心葉くんが芥川くんと紆余曲折を経て友達になる話。
ちょっと今回は文学少女・天野遠子が真相を語るシーンでのめりこむことができませんでした。
多分、更科さんに対して共感がいだけなかったせいでしょう。そして、一瞬とはいえ舞台でそんな長いアドリブされて、過去の全部を生徒の激白されている芥川君がかわいそうだと思ってしまったからでしょう。
もうちょっと人のいないところで真相を告げてあげてもよかったんじゃないかな?きっと生徒に「あの途中で入った話ってなんだったんだろうね?」「そうだよね。誰のことなんだろうね?」とか言われてるよ。

さて、そこはおいておいて連作としては中間を過ぎた感がしますね。(もう読みきってる人が大半でしょうが)
「コノハにはわからないだろうね」が繰り返しでてくるのを見るたびにまだ最大の問題が残っているんだなぁという気がします。

それにつけても、友達だと認めていないときに心葉くんが芥川くんに「好みのタイプは?」と聞くシーンは読み返すと「こいつなかなか踏み込んで聞いてくるな。度胸あるな。」って気持ちになります。

芥川くんの壊れっぷりに恐怖するとともに、ここまで琴吹さんの気持ちに気づかないでいられる心葉くんの度胸がすげぇなと思える3作目でした。

追伸:小学生でも女って怖いな……

“文学少女”と繋がれた愚者 (ファミ通文庫)“文学少女”と繋がれた愚者 (ファミ通文庫)
(2006/12/25)
野村 美月

商品詳細を見る
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
最近のコメント
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。