空想書斎 -ジャンプ感想と作曲のページ-

おもにジャンプ感想と自作曲のページです。作曲後はニコニコにアップしてます。その他、イラストを描くことがあったりなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
ぜひ1クリックを⇒
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

"文学少女"と死にたがりの道化(ピエロ)/野村美月 

“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)
(2006/04/28)
野村 美月

商品詳細を見る


【あらすじ】
「どうかあたしの恋を叶えてください!」何故か文芸部に持ち込まれた依頼。それは、単なる恋文の代筆のはずだったが……。
物語を食べちゃうくらい深く愛している“文学少女”天野遠子と、平穏と平凡を愛する、今はただの男子高校生、井上心葉。ふたりの前に紡ぎ出されたのは、人間の心が分からない、孤独な“お化け”の嘆きと絶望の物語だった――!
野村美月が贈る新味、口溶け軽めでちょっぴりビターな、サスペンスタッチ学園コメディ、開幕!!

【感想】
「このライトノベルがすごい!」に2年連続でランクインしていたと記憶していたので、試しに買ってきました。
そして、見事にはまりました。今、2作目「”文学少女”と飢え渇く幽霊」を読んでおります。

・序盤はコメディ部分が多いです。
・でも、物語の中核をなす部分がシリアスかつサイコで重たいのでバランスが取れています。

このバランス感覚の妙が作品の魅力ではないかと。

太宰治の「人間失格」をベースになぞらえて進んでいくミステリーな部分と、主役の遠子先輩が本の薀蓄を述べながら暴走していくあたりのコメディ部分の繰り返し方が書き方、読ませ方として上手いなあと関心できる部分です。

あと、さすがに端役までは無理だけど、中表紙にでてくる人々に関しては動き回る姿がきちんと想像できるくらい個性がでているのが魅力的でいいです。特に遠子さんは暴走を含めかわいらしい。
その登場人物の魅力の上で、「人間失格」の文章をなぞらえた"ある登場人物"の独白がアクセントとなり、かつミスリードを誘うものとなっているのが作品をさらに面白いものにしているんじゃないかな、と。

登場人物の魅力が半分だったら、きっと「人間失格」のパートが重たすぎてクライマックスまで読んでいくのがしんどい作品になったと思います。

そこらへんのバランス感覚に敬意を示しつつ、いままで読んでいなかったことをがっかりしながら、残りの"文学少女"シリーズを読んでいきたいと思います。
(気づいたらシリーズとしては3年以上経ってるんですね…)

“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)
(2006/04/28)
野村 美月

商品詳細を見る

関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
最近のコメント
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。