空想書斎 -ジャンプ感想と作曲のページ-

おもにジャンプ感想と自作曲のページです。作曲後はニコニコにアップしてます。その他、イラストを描くことがあったりなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
ぜひ1クリックを⇒
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2009年42号のジャンプ感想 

今週も少し長めの感想です。
なので【続きを読む】からどうぞ。

【賢い犬リリエンタール】
葦原先生がついに連載かあ。なんとなくジャンプらしくない作風なのでどちらに転ぶか期待。
敵のRD-1がどんなのかを知らない状態での探し方とかリアルでいいなあ。
推理から始まって、脅してみて反応を伺ってみるとか、絵本、子供と順に疑ってみるとか普通ならもうちょっとストレートにリリエンタールに気づくんだろうけど、それをしないところが偉いなあと思いました。
まあ、あの箱(というか籠?)を見ているのに絵本の次に子供に目を向けたのはちょっと「え?」と思ったけど。あの中に子供はきっと入れないと思うんだ。

シリアスなのかそうじゃないけど、このほのぼの具合は期待じゃないので、がんばってほしいです。

【ナルト】
千鳥VS重流暴(エルボー)……
なんていうか、がんばって千鳥を取得したサスケに失礼な気がするよ。
エルボーですよ、エルボー。
さらにライガーボム……うん。威力がすごいのはわかった。でも、なんて言うか。うん……

あと、「長門はたまたま人に感化されやすい子だったがな」発言に、「いや、サスケも感化されやすいんじゃね?」と思ってしまったあたり、サスケの動きが安定していないことによって損をしているなあ、と思ってしまいました。

【保健室の死神】
あ……「ぬ~べ~」だこれ。
見開きが鬼の手に見えて仕方なかったです。
病魔を妖怪に置き換えて、今のところ分かってない得体の知れないものが鬼の手に見えて仕方がない。
いずれハデス先生は今は得体の知れないものに体をのっとられかけたりすると思います。

【ブリーチ】
そっかあ……虚閃では強い連中に致命傷を与えられないのはオフィシャルな設定だったのか。
なんだかものすごく納得できた自分が居る。
いままでの虚閃は全部威嚇射撃でした。で説明がつくあたりわかりやすくていいです。

【黒子のバスケ】
緑間特製鉛筆ならそんな結果になっても驚かない自分がいる。
うん、なんていうか「外れる気がしない」が選択問題ですら生きてくることを納得できるあたり緑間のキャラ造形は素晴らしいものだったのだと思います。

【スケットダンス】
地味でベタだけどいい話だと思いました。
カラーページの位置を最後に持ってくるあたりや、水彩絵の具(だよね?)をつかってすこしずつ色をつけていく演出といい、うまくカラーページを使わせてもらえたなあと思いました。
というか、目線が演出に行くあたりちょっと自分がこういう話で本気で感動できなくなったんだなと思ってしまって少し悲しかったりもします。

【ぬらりひょんの孫】
主役がいなくて初登場3人で次回に期待できるって、作り方がうまいなあ。
おしむらくはストーリーの展開上も存在感も羽衣狐が負ける気がいっさいしないところなんだよなあ。
勝負が見えてしまっているあたりがものすごく残念です。

【サイレン】
ヨヨの自己紹介でペルソナを思いだした人はきっと僕だけじゃないはず。
今回の未来編で敵の正体、パラレルワールドの発生、過去編のタイムリミットが判明し、未来でも過去でもWISEが共通の敵として存在するようになった収穫の多いシリーズだったよなあ。

ところで、朧はやばくなったからいいとしても、このタイミングでパラレルワールドになったらヒリューはどうなるんだろう。ものすごく興味深いわ。

PSYREN-サイレン 7 (ジャンプコミックス)PSYREN-サイレン 7 (ジャンプコミックス)
(2009/08/04)
岩代 俊明

商品詳細を見る


ワンピースがいいところでお休みなのできになるわぁ…

関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
最近のコメント
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。