空想書斎 -ジャンプ感想と作曲のページ-

おもにジャンプ感想と自作曲のページです。作曲後はニコニコにアップしてます。その他、イラストを描くことがあったりなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
ぜひ1クリックを⇒
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2009年28号のジャンプ感想 

京都の新しい部屋にもやっとそこそこ慣れてきました。
ただ、このあたりにはパン屋さんがありません。主食はパンといっても過言ではないのに。

コンビニを除くとマクドナルドぐらいしか自転車で5分の圏内にパン屋さんがありません。
自転車で10分行くとダイエーがあって、そこにはパン屋さんもあることにやっと気づきましたが。
京都駅まで行くとパン屋さん多いんですけどねえ。志津屋さん初めて行ったけどおいしかったです。

あ、今日のお昼ご飯はマクドナルドでした。(トラックバックの答え)

さて、そんなこんなで今週もジャンプ感想は「続きを読む」からどうぞ。


【リボーン】
箱から飛び出したライオンがマントという形状の武器に変化しました。

うん、我ながら日本語が変だと思いますが、今週のあらすじはそんなところです。
マントでどうやって戦うんだろう。まあ、防衛モードとは言ってますが、バトルモードだとどうなるんでしょうか。

1.マントで首を締める。
2.マントのあたった部分が大空属性で石化する。
3.いっさい無視して、マントがナックルになる。

ところでこのボンゴレボックスの設定だと、中間に動物形態を挟む意味無くね?

【ナルト】
ダンゾウさんが六代目 火影になりました。

野望が達成した瞬間なのにいまいちダンゾウさんを脅威に感じないなあ。

どうも頭の良くない殿様が任命したっていうおかげで「殿様が人選ミスをしたんだよ」っていう流れにしか見えない。しかも、ダンゾウさんが必死になって「私を火影に」って言っちゃってるし。

殿様がどう見ても賢君で、「いままでの立場から、ダンゾウがふさわしい」と言えば、殿様の人選ミスでもダンゾウさんの格が下がって見えることはなかっただろうに。
ダンゾウさんに関してはちょっと残念でした。

【ワンピース】
マゼランさんがあまりにも強すぎて面白かった。
黒ひげ、イワンコフ、イナヅマとあっさり仕留め続けています。
普通に七武海より強いんじゃないでしょうか。

そして、イワンコフさんはどうやって復活して再登場するのでしょうか。

【べるぜばぶ】
一言だけ。

「16歳じゃ結婚できないからね!」

【ブリーチ】
砕蜂と大前田が必死で戦っている最中、浮竹さんは幼女と戯れていました。
さすがにここまで戯れている感が漂ってしまうと、思わず笑ってしまいます。
きっと浮竹さんそろそろ血を吐いて形勢逆転されるよ。ていうか、そんな展開を期待するよ。

そして、砕蜂さんの卍解は雀蜂雷公鞭と呼ばれるロケットランチャーでした。
寧ろ、構図的にはアトミック・バズーカですが。
「何故に鞭?」とつっこむのは許されないことなのでしょうか?

さて、この引き方をするということはバラガンさんは死んでないということでしょうか。
技を出す前なら倒せる感じがしますが、技を出した後だとなんか生き残っていそうな雰囲気が漂ってしまいます。
日番谷くんががんばったので、砕蜂さんもがんばってほしいところです。

【詭弁学派、四ッ谷先生の怪談】
この雰囲気好きです。
学園もので特殊能力は語りが催眠レベルまで上手いこと。ただそれだけ。
あとは少しの心理トリック(電柱に登るのが少しかと問われると困りますが)。

というか、JG1は今のところ2話しか載ってはいませんが、はずれがなくていいですね。
ねこわっぱもあんまりろくな感想を書いてはいませんでしたが、よくまとまっていたので面白かったです。

そういえば、心療医学的には6ヶ月以上にわたって生命の無いものに対して性的な欲求を持ち続け続けることをフェティシズムというそうです。だから、普通の足フェチはフェティシズムでは無いようです。

何が言いたいかというと、「三村先生みたいに死体でもOKなら、フェティシズムなんだなぁ」と。

【サイレン】
マリーとカイルじゃなくて、フレデリカとシャオとヴァンだったらこの移動方法できなかったですよね?

碓氷さん期待させておいて、案外小物でした。
この人にも苦労はあったのでしょう。サイレンドリフトしておいて苦労が無いはずはありません。
が、なぜそんな滅んだ世界の一部分だけに王として君臨するとか言う小物に成り下がったのか。

少年漫画にあるまじき小さな世界に満足した碓氷さんが、アゲハの新技でやられる役になりそうで不憫です。

【スケットダンス】
ネタを入れる量といい、1話でオチまで持っていくペースといい、ぐでぐでの中にもぎっしり詰まった1話だと思いました。
まあ、やったことは間違いだらけのたれ幕を一枚書き上げただけですが。

そして、椿も生徒会メンバーにちゃんと話してたんですね。
なんかばらばらに見えて生徒会も仲良いんだなと思いました。

まあ、あそこまでいじり倒すスケット団の方が仲よさそうですが。

【アイシールド21】
勝ったか負けたはともかくとして最後はみんな分かり合ってるあたりがさわやかですね。
ドンもなんか「全力をもって倒す」発言したあたりから妙に好感度上がっていきましたし。

次号で大団円でしょうか。
ちょっと引き伸ばされてしまって、終わるべきときに終われなかった気もしますが、対アメリカ戦だけをみればきれいにまとまったんじゃないかなと思います。

ミリタリアは阿含を坊主にする伏線を張るためだけに、あんなキャラ付けで存在したんですね。
わざわざ、ミスリードを誘うためだけに存在した国家、ミリタリア。
……わざわざオリジナル国を出す必要があったんでしょうか。

【ぬらりひょんの孫】
珱姫が普通にかわいいんですが。
ここまで感情がわかりやすいキャラ、いままで出てきてなかったですしね。

そして、先週も出ていましたが牛鬼変わらなさすぎ。やっと気づいた。
どんなアンチエイジングをしたらそうなるんでしょうか。
時の流れは残酷だとぬらりひょん(祖父)をみて、みんなは口にしていますが、ほんとに残酷なのはアンチエイジングの方法を教えなかった牛鬼だと思います。

【とらぶる】
猿山が殴られたとき壁にぶつかりましたが、リトが殴られたらとらぶる発生なんだろうなあ。
と思うと、あまりに猿山が不憫です。

ぬらりひょんの孫 4 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 4 (ジャンプコミックス)
(2009/04/03)
椎橋 寛

商品詳細を見る


関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://bookhouse.blog96.fc2.com/tb.php/277-089c2620

前回までのあらすじ:天条院の別荘に招待されたリトたち…そこに現われた殺し屋クロ…ヤミちゃんとも旧知の仲である彼が銃口を向けた...
カカシ先生に背負われて里に戻ってみたら、みんなからの歓声を受けるナルト。昔の事を思えばイルカ先生も感慨深い物があったと思う。綱手は昏睡状態のまま目覚めない、そのために新たな火影を選出する必要がある。そして、六代目にタンゾウが選ばれた。不穏な空気が里に立ち
[2009/06/08 15:48] nimnimの夢枕
ブログ内検索
最近のコメント
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。