空想書斎 -ジャンプ感想と作曲のページ-

おもにジャンプ感想と自作曲のページです。作曲後はニコニコにアップしてます。その他、イラストを描くことがあったりなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
ぜひ1クリックを⇒
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2009年27号のジャンプ感想 

今日はヒトカラに行って来ました。2時間ほど。
その後、休みなく自転車を買いに行き、買った勢いで1時間以上も自転車を漕いでました。
おかげでものすごくしんどいです。今までずっと椅子に座って仕事ばかりしてた人間がムダに体を動かしてしまいました。
おかげでかなり眠いです。めずらしく、健康な眠気のような気がします。

さて、久々に日曜深夜のジャンプ感想。「続きを読む」からどうぞ。

【ワンピース】
ハンニャバルさん、いいとこ一つも見せられなかったけど、所長といい、周りのみなさんといい、本気を出せばなかなかすごいって評価されてるんですね。シリュウさんもいない今、慌てずに出世を待てる立場にいることに普通に驚いてしまいました。
ギャグキャラ扱いだと思ったら、異常にいい評価だよ。ハンニャバルさん。

でも、シリュウさんは役に立たず、ハンニャバルさんもルフィにやられ、さらにはサディちゃんまでマゾい仕打ちを受けてしまい、兵力としては半壊状態。ここからどう持ち直すんでしょうか。
ここまで敵が不利なワンピースを見たことが無いような気がします。

そして、所長は一人でがんばりすぎてると思います。
一時的にルフィを戦闘不能に陥れ、さらには多分何とかなるんでしょうが黒ひげパーティーを一気に殲滅しようとしています。すごいよこの人。
1日8時間働けたら所長のみで防衛できるんじゃないだろうか。(あとの人は見張りです。)

【ナルト】
ここから、ナルトはどう進むんだろう・・・・・・
兄弟子にあんな大見得を切っておいて「オレはサスケを信じるんだってばよ」とかいい始めたり、「オレ一人で戦うんだってばよ」って言い出したりするんだろうなあ・・・・・・
なんていうか、この悪い予感が裏切られないような気がしてしょうがない。気のせいでありますように。

【ブリーチ】
日番谷が勝ったーーーー!!
ここまで切り札がきれいに決まったブリーチを久々に見た気がします。っていうか、切り札は効かないものだと思い込まされていたブリーチが恐ろしい。

ところで、全員が劣勢になったタイミングでヴァイザードの皆さんがかっこよく登場するんだと思ってたんだけど、違うの? このまま普通に倒しちゃうの? そしたらヴァイザードのみなさん何処で出てくるの?
だってほらこのペースで良くと、死神のみなさん(山本総隊長・砕蜂隊長・日番谷隊長・狛村隊長・京楽隊長・浮竹隊長・大前田副隊長)+ヴァイザードのみなさん(平子さん・ローズ・ラブ・ハッチ・六車・真白・ひより・リサ) 対 アランカルの残った人(藍染・市丸・東仙・アンダーワイズさん)っていう、15対4なんていう数の暴力の世界になってしまいます。
さらに加えるなら、浦原商店の4人+一護のパパ。つまるところ20対4です。なんていうか逆に敵がかわいそうになってきますよね、この展開。
まあ、8対1でラスボスをフルボッコにするドラクエとか12対1でフルボッコにするFF6とかに比べたら人数比はましなのかもしれません。

はやく最終局面までいってくれないと、キャラの名前を忘れます。
これを書くのにも名前が思い出せなくて単行本を引っ張り出してきましたよ。

【めだかボックス】
初めて面白いと思えたよ!
でも、半袖と日向くんのやり取りが面白かった場所って言うのがなんていうかなー。
やっぱり、めだかちゃんに魅力があまり感じられないような。
他の人の魅力は出てきたのに。

【ねこわっぱ!】
金未来杯……JG1(ジャンプグレードワン)の読みきりの1本目です。
なんだろう、絵柄のせいかなあ。サムライうさぎが頭の中をよぎり続けてました。
その他の感想は、何かすごい詰め込みすぎていたような。拾って育てたのはわかった。
でも、大吉のくだりは何に使う必要があったんだろう。出てきたっけ。(読み返してません)

でも、猫又さんたちボケていながらも常識を持ち合わせているのに、なんでねこわっぱは只のアホの子になっちゃったんだろう。それだけが不憫でなりません。

ところで何で金未来杯じゃなくなったの? なにかへんなジンクスでもできちゃったんでしょうか。
まあ、いいや。しらじらしく、気にするのは止めておきます。

【アカボシ】
一人あたりおよそ1万人の一般兵と戦える猛者を募集中なわけですね。
三国無双よりもハードルが高いことを要求されたのなら、まあ納得。
新キャラ・王進さんも槍の穂先を足の指で掴み、ありえないサイズの岩を片手で持ち上げるとかいうわけのわからない初登場を決めました。
108人の芸人集団にしか思えなくなってくるんだぜ。

ところで戴宗の髪型を毎回きちんと書き込んでる天野先生が普通にすごいと思います。
そして、天野先生が2人連載していることにやっと今気づきました。わかりにくいよね。

【スケットダンス】
壊れてしまった特別な真理子。普通に説明シーンの真理子がかわいいと思いました。
その他全てがツボだったわけですが、なんだろう、すげー説明が難しい。
ぐでくで感がすばらしいのであって、それ以上を解説してもきっとつまらんのだと思います。
なんていうか、読んでみて。としかいえません。感想になってないなぁ。

【アイシールド】
え……、雲水泣いて後悔して終わり?ちょっとひどすぎない?
なんか他に思ったような気がしたけど、今週号を最後まで読みきったら、この感想しか残らんかった。



今日は眠くなってきたので、まずはこの辺で。
明日、テンション高かったら続き書きます。無理はしない。

SKET DANCE 5 (ジャンプコミックス)SKET DANCE 5 (ジャンプコミックス)
(2008/10/03)
篠原 健太

商品詳細を見る




関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://bookhouse.blog96.fc2.com/tb.php/274-c341c453

前回までのあらすじ:天条院の別荘に招待されたリトたち…執事の嵐山が何者かに銃殺されました。そこに現われた殺し屋クロ…ヤミちゃ...
ブログ内検索
最近のコメント
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。