空想書斎 -ジャンプ感想と作曲のページ-

おもにジャンプ感想と自作曲のページです。作曲後はニコニコにアップしてます。その他、イラストを描くことがあったりなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
ぜひ1クリックを⇒
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【CD】Schnittke/Requiem, Gorecki/Miserere 

◆Alfred Schnittke/Requiem
 演奏:Swedish Radio Choir
 指揮:Tonu Kaljuste
◆Henryk Mikolaj Gorecki/Miserere
 演奏:Eric Ericson Chamber Choir
 指揮:Tonu Kaljuste

もう10年以上も前のCDですが、古いCDもたくさんあるのでこの1枚。
演奏者の名前が分かる人にはおすすめの1枚なもので。

シュニトケは回心のための12の詩篇のCDも持っていますが、回心…の時にはあまり個人的に合わないのかと思ってました。なにせ、小難しすぎて眠くなって……

でも、レクイエムに関しては大阪ハインリッヒ・シュッツ合唱団の演奏会のMDを購入した際に入っていて、1回聞いて気に入ってしまいました。
んで、CD屋さんを見ていたら、こんなに有名どころの演奏家が録音してるじゃないですか。で、思わずCDを買ってしまったというわけです。
ちなみに大阪ハインリッヒ・シュッツ合唱団のMDを買った目当ては千原英喜の「阿知女作法(あちめのわざ)」。これがCDになって販売されてしまったのでがっかり。まあ、この曲に出会えたのでよしとします。

レクイエムは冒頭Requiem Aeternamの静寂から声と鐘の音が近づいてくるところ、そして、同じくRequiem Aeternamで終了する音楽が閉じていくわかりやすい魅力があります。
もちろん、その間にある12曲がきちんと魅力をもった音楽になっているためその演奏効果が際立つのだと思う。なにせ、ドラムを叩きまくるレクイエムなんで聞いたことがないので。
このCDではスウェーデン放送合唱団という優れた演奏家がシュニトケのレクイエムの魅力を引き出しています。少なくとも出会わせてくれた大阪ハインリッヒ・シュッツ合唱団のCDよりはるかにきれいなんじゃないかな、と。ソプラノの高音域で特にそう感じます。

続いて、グレツキのミゼレーレ。
こちらも屈指の演奏集団エリク・エリクソン室内合唱団が名前に恥じない演奏を聴かせてくれます。
男声合唱から始まって、少しずつ聞こえてくる女声…
静謐という表現がふさわしい演奏です。
…が、約30分間この静かな曲調は退屈になってくる人もいるかもしれない。
僕もその一人ですし。リラクゼーションとして聴くのはばっちりかも。

どちらかの曲に興味があるなら、間違いなくオススメの1枚です。

Schnittke: Requiem; Górecki: MiserereSchnittke: Requiem; Górecki: Miserere
(1995/12/18)
Anders Kotz、

商品詳細を見る


関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
最近のコメント
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。