空想書斎 -ジャンプ感想と作曲のページ-

おもにジャンプ感想と自作曲のページです。作曲後はニコニコにアップしてます。その他、イラストを描くことがあったりなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
ぜひ1クリックを⇒
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【CD】 鈴木憲夫/般若心経 

◆鈴木憲夫/無伴奏混声合唱曲「般若心経
  演奏:大阪ハインリッヒ・シュッツ合唱団  指揮:当間修一

こんなCDまで持ってます。(笑)
鈴木憲夫氏のサイトから個別購入できるCDです。
ちゃんとサイトで説明を読んではいませんが「音楽ほほえみ基金」という活動の一端ということで、購入金額の一部はなにかのボランティアに使われると思います。
興味のある方はご購入検討してみてはいかがでしょうか。

僕がこのCDを買ってみたのは、キリスト教の宗教曲は数あれど、仏教の宗教曲がCDになることはほとんどあるまい。というふざけた理由が大半です。

でも、聴いてみるとこれがなかなか面白いのです。お経なのでテンポを音楽的に変えてくる場所はあっても、ほぼ四分音符と八分音符で一定のリズムを持って音楽が作られている。それでいて、リズムも音の上がり下がりもなるべくお経に合わせられているようで普通にお経を聴くことがあれば「ああ、このリズムだった」とか思うことになると思います。
実際、この曲を聴いたあとで般若心経をテープで聞いたのですが、上記の感想を持ちました。

演奏も大阪ハインリッヒ・シュッツ合唱団なのでレベル的にまったく問題ないかと思います。
というか、この曲に対しては大阪ハインリッヒ・シュッツ合唱団の歌い方があっているような気がします。派手さは持たずに抑えた感じがお経というものにマッチしているのでしょうか。

ちなみに7分27秒と長さだけはコンクールに持って来いです。多分選曲のアンマッチで減点になるような気がするけど。
しかし、この曲は使いづらいなあ演奏会向きでもない気がするし、コンクール向きでもない。
演奏機会がめったに無いと思うので、興味を持った方は基金に参加がてらご購入を検討してみてはいかがでしょうか?(ボランティアということもあり、2回言いました。)

ちなみに楽譜も売っています。
楽譜の前書きには、作曲者が「このテーマは荷が思い」と思うことから、「これでいいんだ」に至るまでのプロセスが書いてあったりします。これが失礼ながら面白かったりしました。


関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
最近のコメント
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。