空想書斎 -ジャンプ感想と作曲のページ-

おもにジャンプ感想と自作曲のページです。作曲後はニコニコにアップしてます。その他、イラストを描くことがあったりなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
ぜひ1クリックを⇒
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2009年4、5号のジャンプ感想 

あと1週間で休みです。
といいつつ、今週は土曜も、日曜も仕事ですが。

今週は特に言うことがなかったりするので、さくっとジャンプ感想を。

「続きを読む」からどうぞー
【5位】 アイシールド21 311th down 燃えよルーキー
ストーリーとして特に何かが面白かったわけではないんだけれど、ここまで国のイメージに偏見があっていいのだろうか・・・
いや、ドイツ、アメリカ、ロシアのイメージは確かにあんな感じだけどもさ。ミリタリア共和国はフィクションだけど、それにしてももうちょっと軍隊に対する偏見はなかったりしないものか・・・偵察部隊のデザインは本物の

偵察部隊に謝れっていいたくなるぞ。

あと、今週は疲労しているとは言え、ロドチェンコが哀れでした。噛ませ犬中の噛ませ犬って感じで。

【4位】 家庭教師ヒットマン REBORN! 標的223 4人開匣
なんていうか、ガチで戦っているんだろうけどシュールすぎて笑えてくる・・・だめだ・・・
30前後のお兄さんと呼ぶのが苦しくなってくる人が王子をなのり、玉座に乗って飛び回りながら蝙蝠で攻撃してくるんだぜ。
その従者は空から象を落としてくるし。

崩壊した城からでてきたのはXANXAS・・・なんていうか、どうしてもパプワ君が頭をちらついて・・・
ハーレム隊長とイメージがかぶるんです、肉の件からずっと。
隊長のおかげで部下が苦労してたり、言うこと聞かないわがままっ子だったり・・・

【3位】 APPLE
古見直志先生の読みきりです。アルソナといい、アイランドといい、古見先生の描く読みきりはいいなあ。
ありきたりなフリをしながら、どこか独特なんだよなあ。
ジャンルはなんなんだろう。新宮サトシとグリム・スチュアートの友情物語なのに、異常にアクションのスケールがでかいんだよなあ。
んでもってまさか「ブラック・ホールがどうやって出来るのかとかまで教えてもらった」っていうモノローグが複線になるとはおもわなんだ。


あ、あと「地球上のすべての生き物に変身できる」でクロノトリガーのロボを思い出しました。
ラヴォスと対峙したときに「この星のすべての生命の遺伝子を持っている!」だったかみたいなことを言って驚くんですよね。


【2位】 魔人探偵脳噛ネウロ 第187話 手【いっぱつ】
探偵さんと助手さんが仲直りする感動の回。なんだけれども・・・手錠でつないでもいいし、調教してもいいし、靴もなめるって笑っていいのかわからないぜ。
ただ、次のコマからの覚悟へのつながりは理解できた。「私には やらなきゃいけないことがある …それはあんたと一緒じゃなきゃムリなの」この台詞にきちんとした覚悟を感じます。
バクマンのところで後述になっちゃうけど、ほんとになりふりかまわないっていうのはこういうことなんだよ。サイコーは中途半端なプライドにしがみついてちゃダメ。

そして場面変わって、シックスと警官。
サイあらためイレブンがいるからきっとシックスは無事なんだろうけど、人間サイドの猛攻がいいです。
ちょっと石垣がレベルアップしすぎてる気がしないでもないけど、この容赦なく畳み掛ける感じはいいですね。
あと、今回一言も発さず「・・・」でとおしたイレブンは何を思っているのか。
他所のサイトではアヤの目がイレブンだったっということで不幸フラグも想定されていましたが、アヤ=イレブンだったとして、別方向に何かの複線になるんでしょうか。


【1位】 バクマン。 19ページ デビューと焦り
明らかに新妻エイジの方が格上だよなあ・・・と思ってしまう今週のバクマン。ムーブのポーズは良くわからんが、かっこいいぜ。
シュージンとサイコーにないものをぶっちぎりで持っているのでかっこよすぎます。ええ。
ていうか、サイコーが(表情からして)小物過ぎてなんか不憫ささえも感じてしまう・・・「ははん、いってやったぜ。ざまあ。」ぐらいの顔してるもん。それを「目が違う」と評価した新妻エイジが不思議でした。
もうちょっとかっこよくライバル(?)宣言すればいいのに。
シュージンのほうが最近魅力的だと思います。サイコーは躊躇したし、結果は得られなかったけど、1番になりたいならくだらない見栄なんて張っちゃいけない。なにがなんでも、ってところを見せてほしかったんだ

けど・・・

服部さんの本音が素敵。「個人的にはもういらない」「いや入り込める隙間がないと思ってるんだけどね」って言い直したけど、「もういらない」っていっちゃったよこの人。まあ、これ以上ファンタジーとかバトルとか増

やされるのは読む側としても疲れてしまうわけですが。いや、あっさり読める分疲れないかもしれないですが。
ところで服部さんの「できれば可愛いヒロインがいるといい」は今のバトルマンガでは下であってるんでしょうか?

・ワンピース=ナミ
・ナルト=サクラ
・ブリーチ=織姫

…むしろ下2作品には別ベクトルのヒロインがいるような。サスケとか、ねぇ・・・?


【ブログ拍手のお返事 12月8日~12月14日】
2009年3号のジャンプ感想 2回
2008年39号のジャンプ感想 1回
⇒拍手ありがとうございます!


関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://bookhouse.blog96.fc2.com/tb.php/241-121a1044

 早いもので、2008年最後の「To LOVEる -とらぶる-」です。  表紙はミニスカサンタ…!この時期の定番ですが、最近は黒や緑のミニスカサン...
ブログ内検索
最近のコメント
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。