空想書斎 -ジャンプ感想と作曲のページ-

おもにジャンプ感想と自作曲のページです。作曲後はニコニコにアップしてます。その他、イラストを描くことがあったりなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
ぜひ1クリックを⇒
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2008年51号のジャンプ感想 

やっぱり今週もジャンプ感想だけ。
この忙しさは12月中ごろまで続きます。
一応ガンダムはみてるよ。って同じことばかり書いてますね。

来週の連休は岡山です。
さらに仕事はこれから3週間連続で見積り+調査報告まとめです。
もう何がなにやら。鬼だな。

というわけで、せめてものジャンプ感想。
来週は書ききってから岡山に行きたいと思います。
岡山でうまいものあったらだれか教えてください。


【番外】 さすらい剣士物語
わじまさとし先生の作品。って誰だ。
こっちはしんどかった。こんな絵ですが、ってたぶんそこが問題じゃない。
とろろがとろろに見えないとかそんなことがどうでもよくなるようなストーリーというかgdgd・・・
と、ぐでぐで。思わず略してしまうくらいどうでも・・・
すんません。


【5位】 賢い犬リリエンタール
葦原大介先生の読みきりでした。
ROOM303の人か。一瞬ドーミエの人かと思った。って前にも同じ感想を書いた気がする。
序盤読むのがしんどかったけど、中盤以降はまあまあかなぁ。と思いました。
紳士はいい味を出している。+家族の温かみみたいなものがテーマなのだろうな。とわかるあたり、ほかの読みきりよりもうまくかけていると思いましたけど。
序盤のしんどさがちょっと減点。あそこまで辛辣な風景を書く必要はなかったかと。
んで、犬が堪えてないし。ていうところだけ、なんなんだろ、これ。って思ってしまいました。
掴みがよければもっと印象違ったんだろうけど。残念。

あと、リリエンタールという名前は好きです。人力飛行機。


【4位】 BLEACH 334. Dregs of Hypnosis
仮面の軍勢だと思っていたら雛森さんでした。予想外。
まあ、ドン・観音寺さんでないことはあきらかでしたが。観音寺ボールがあそこまで強くなっていたら面白かっただろうになあ。・・・ないな。
そして、いつまで仮面の軍勢をひっぱるんだろう。
はやく出てきたらいいのに。

あと、姿を隠すのと、網を張るのは別ものだと思うんだ。
それなら、姿を隠したまま網に捕らえて、それからつぶせばよかったのに、それをしないのはなぜだ。
んでもって、一人一人なら副隊長より強いんですね、破面のみなさん。それもまた予想外だったりします。
だって、大前田があそこまでやれるんだもん。


【3位】 ぬらりひょんの孫 第三十五幕 総大将四国への旅
アクティブな総大将・・・なんかじわじわくるんですけど・・・
妖怪にアクティブという単語が加わるせいだろうか・・・
隠神刑部狸のぬらりひょん(爺)に対する評価が高いなぁ。んでもって、いい表現でほめるなあ。
「つやのある巨大な器、漆のような深い闇」なんていうか和の面持ちというか佇まいというか。いい表現だと普通に思ってしまう。

あと、ごっくん馬路村はほんとにあります。


【2位】 SKET DANCE 第66話 合コンでツッコんで
もう飽きるほど思ってきたが、今回も敢えて口にしよう。
「もうお前ら付き合っちゃいなよ。」

痴話喧嘩を始めてから仲直りするまでのプロセスがすごくきれいに描かれている。
んでもって。ヒメコのツッコミに対する姿勢ってどんだけ素晴らしいのかがわかる回でした。
ていうか、三遊亭好楽の真似をしてドヤ顔までわかるレベルでつっこめる高校生なんて普通にいないぞ。いろんなベクトルで掘り出し物です。あと3ページにわたってヒメコがはじけるシーンが素敵すぎる。特にやっぱりこーらっく。「モノマネのマニアックな人選にまずひとツッコミ!!」「持ちネタで泳がした後 大喜利ネタ振ってまだまだ広げられるやろ!!」いままでの溜め込んだボケの山よりも面白かったし。
ツッコミに対して真摯すぎるよ。

最後の天然ラブラブっぷりも素晴らしかったです。
クオリティたけぇなあ。と思いましたとさ。


【1位】 魔人探偵脳噛ネウロ 第182話 幸【しあわせ】
シックス編の着地点はいったいどこにあるのかどんどん見えなくなってきました。
ほのめかされていながらもようやく明らかになった、春川と刹那とシックスの関係。
そして、罪の意識の前に崩壊し自刃する本城博士。
笹塚が死に、本城博士が死に、物語の語り部を失いながらも物語は佳境に入っていきます。

狂気のあとに涙を流し、罪と自らの弱さを悔いながら死んでいく本城博士。
殺したい相手、それは刹那を壊したシックスではなく、弱さを持った自分自身でした。
おそらく弥子に言った「ありがとう」は本心からのものでしょう。
罪を表に出し、やっと自らに決着をつけることのできた人間の本音。

あとは、せめて綺麗な終着を。


【ブログ拍手のお返事 11月10日~11月16日】
2008年50号のジャンプ感想 8回
⇒すべてがジャンプ感想の記事に対するものっていう、すばらしい週でした。
 ある意味すがすがしい。ありがとうございます。





関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://bookhouse.blog96.fc2.com/tb.php/235-fac9b552

前回のあらすじ:巨大植物セリーヌが病気になりました。特効薬を求めてリト+デビルーク3姉妹はヤミちゃんの宇宙船で惑星ミストアへ向かうので...
ブログ内検索
最近のコメント
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。