空想書斎 -ジャンプ感想と作曲のページ-

おもにジャンプ感想と自作曲のページです。作曲後はニコニコにアップしてます。その他、イラストを描くことがあったりなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
ぜひ1クリックを⇒
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2008年41号のジャンプ感想  

今日は久々にかなりの無気力症でした。かなりぐでーっとしていたよ。
やらなきゃいけないことはたくさんあるのになあ。
特に会社のプログラムコンテストとか、欠片もできてないよ。
まあ、まだもうちょいあるからつじつまだけは最低限あわせて見せるけどさ。

多分無気力症になった理由はシギサワカヤの新刊を2冊一気に読み返したからでしょう。
うん、本気で1時間くらいはぼーっとなってしまうわけです。まじで。

さて、ジャンプ感想は「続きを読む」からどうぞ。 【番外】 クロガネ
金未来杯 四人目にして最後の平方昌宏先生の読みきりでした。
サムライウェスタン。なんていうか、この人の絵にツギハギを思い出して仕方ないんだがまあいいや。
勢いは買うんだけど…う~ん… 刀も銃も出しておいて少しも死にそうなシーンがない…一番死にそうなのが主人公の切腹ってどうなのよ。あと、切腹してもあんなにすぐ死なないはずなんだけど。そのために介錯人がいるわけで…
あと刀から風を出すくらいなら芭蕉扇でいいじゃん。死ななくてもいいから刀を斬るために使ってください。
手下の人も何十人といながら、銃を撃ったのは三発だけというのが、銃弾を見切ることよりも指でとめる事よりもびっくりした。撃つ気ねーだろ。
多分普段ならここまで言わんかったと思うけど、今日TISTA読んじゃったんで、あれも無茶だけど致命的なところに当たればちゃんと傷を負い死ぬんですよ。ええ。
というわけでジャンプイズムはちょっとパス。


【5位】 D.Gray-man 第172話 ウラオモテ
ルベリエの新作すげー。ケーキにマカロンをのっけてさらに埋め込むとか、甘くてかつ食べにくそうだ。
でもたぶん見た目はすごくカラフルでメルヒェンな感じがするにちがいない。

んでもって、ストーリー的には中央庁が裏をひいている、と。
味方の中に敵がいるのは話としてはかなりすきな部類だったりします。
さらにいうならなんとなく最後はルベリエとうっすら和解しそうな気がする。なんていうか、最近少しルベリエが気に入っていることに気づいたりした。
ストーリーの進展が遅いので目的を忘れる前に話が進んでほしいのです。

【4位】 家庭教師ヒットマン REBORN 標的208 完璧なX BURNER
すげー…いろんな意味ですげー…
コンタクトにここまでの機能が入ってるのとか…しゃべっとるし。ここまで説明してくれるコンタクトだったとは。んでもって、コンタクトの説明にここまでページを使うとは…
あと、直線上の敵をなぎ払う飛び道具のくせに「ターゲットロック」ってなんだ?まあ、そこは良いや。

肝心の威力の方も素晴らしかった。ギャグマンガの原型をとどめていないほどの力のインフレ。3区画消滅って誰でも引くと思うよ。
あと、マッスルスクラムも素晴らしい。今まで技名が一個もなかったくせに突然「マッスルスクラムだよ!!」って。しかも出来上がりがレギオン…

今週のリボーンはいろんなものがシュールで仕方がなかったよ。
ところでいままでFV(フィアンマ・ボルテージ)って単位出てきてたっけ?今回さりげなく出てきて、今後スカウター的な役割になってしまいそうな。「わたしのフィアンマ・ボルテージは53万です。」みたいな。


【3位】 アイシールド21 296th down 新次元の道
なんか今週はそろいもそろってすげー。
ラスボスに対して四次元の必殺技を編み出したセナ。まあ、多分凶悪なバックステップとかそこらへんな予感がしますが。四次元だの時間だのいわれると、ジョジョしか出てこないわけですよ。
でも、演出がデビルバット・ゴーストと同じだ!とか、思ってはいけない…思っては…


【2位】 ダブルアーツ 最終話 君は最初から
あー、終わってしまった…大好きだったんだけどなあ。
基本的にP2!と同じくらい終わった理由がよくわからん。新連載がくるから枠空けざるを得なかったから空けました、見たいにしか思えないわけですよ。
まあ、最近ドラマ部分が減って、力のインフレが始まっていたので危険な予感はせざるを得なかったんだけど、打ち切りまでする意味がわからんかったりする。バトル部分がダメと言われてるのを見たことがあるけど、個人的にはそう思ってなかったりするわけで。ダラダラとバトルを引っ張ってストーリーを進めない方が悪だと思うので、さくっと終わるならストーリーの都合上バトル入れましたってことで良いじゃん。と思ってます。

なので、非常に残念。
さっそくジャンプSQ.で読みきりがあるらしいので、それに期待します。
あと、回想後に出てきたエルーがデザインなにも変わってないのに大人に見えた理由がわからなくて困ってます。時系列を知ってるが故の錯覚なのか、それともなにかが違っているのか、わからんかった。
あと、何故かキリとエルーが結ばれてないあたりがすげー。あんだけいちゃいちゃな癖にお互い想いを告げずに離れてくってどうなのよ。

なにはともあれ、古見先生お疲れ様でした。


【1位】 ぬらりひょんの孫 第二十五幕 七人同行
完全になんかバトル方向に転換しつつあるなあ。でもなんか、玉章さんのたちの全員集合のコマが男塾を思い出して仕方がないんだ。なんでだろう。なんか、水の中とか滝壺の間とか変なところで死闘を繰り広げそうな予感がするんだ。

あと、たまごかけごはんをTKGと略すゆらちゃんがナイス。普通TKGといわれても困惑する(はず)。なのにあえてそんな玄人好みの表現をするあたりが非常にナイス。

でも、バトル路線に行きながらもまだ方向を模索しているような気がして仕方がない。
編集さんに負けずにがんばってください…。


【ブログ拍手のお返事 9月1日~9月7日】
2008年40号のジャンプ感想 4回
2008年39号のジャンプ感想 1回
2008年37、38号のジャンプ感想 1回
⇒拍手ありがとうございました。
 これからもよろしくおねがいします。

ぬらりひょんの孫 1 (1) (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 1 (1) (ジャンプコミックス)
(2008/08/04)
椎橋 寛

商品詳細を見る


ちなみに僕が読んで凹んだシギサワカヤ作品はこの2冊です。なんとなく心に来るものがあるよー。
溺れるようにできている。 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ) (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)溺れるようにできている。 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)
(2008/08/27)
シギサワ カヤ

商品詳細を見る

ファムファタル~運命の女 1 (1) (電撃コミックス)ファムファタル~運命の女 1 (1) (電撃コミックス)
(2008/08/27)
シギサワ カヤ

商品詳細を見る
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://bookhouse.blog96.fc2.com/tb.php/220-d88c0961

 ミサの見事な下着姿からはじまりました今週の「To LOVEる -とらぶる-」…  このブログの読者諸賢は、トラブル109 「レンズ越しに見る君は...
ブログ内検索
最近のコメント
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。