空想書斎 -ジャンプ感想と作曲のページ-

おもにジャンプ感想と自作曲のページです。作曲後はニコニコにアップしてます。その他、イラストを描くことがあったりなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
ぜひ1クリックを⇒
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2008年37、38号のジャンプ感想  

気がつけば60000Hitまで行ってました。
最近キリ番の自発的なお礼イラストやお礼音楽も作ってないのでちょっと申し訳ない感じです。
でも、皆様お越しいただきありがとうございます。
カウンタの数と拍手をいただけることが、正直素直にうれしかったりします。

これからも続けられる範囲で続けて行きますのでよろしくお願いいたします。

というわけで、恒例のジャンプ感想は「続きを読む」からどうぞ。

【番外】 べるぜバブ
金未来杯の1番手は田村隆平先生のべるぜバブです。
個人的に金未来杯は「・・・」な感想しか持っていなかったりします。なんか金未来杯にでてきたあと連載した人って、始まり方はまだしも、ろくな打ち切り方をされたことがない印象なので。タカヤとか、な。
にしても、今年の金未来杯は4作品って少ない気がするなあ。と思って少しWikipedhiaを見てみる。
2004年5作品、2005年6作品、2007年7作品…思いっきりへっとる…
これは予算とか気にしちゃだめなんですよね…

んでもって、本編。
可もなく、不可もなく。まあ、読みきりにしては面白かった気がする。特にアナアキレベルのものを覚悟しながら読み始めたせいもあるのかもしれないけれど、すらーっと読めました。でも、あまり褒めてたりはしてないわけです。個人的には鬱になろうが、イラっとこようが人の記憶に残させた作品はそれだけで意味があると思うので。

アナアキの時にはあまりの受け付けなさにひどいことを書いた気がするけど、1年たっても人の記憶に残っているあたり作品としては人に何かを残してしまったわけです。
そういう意味では認めざるを・・・

この作品はさらっと読めた分、そういうのがなかったのがなあ。というのが回りくどく書いた感想でいいたいことでした。


【5位】 アイシールド21 293th down ×8
やっと反撃を開始した泥門の面々が何か熱くて良いなあ。
特に栗田が活躍してるのを見るとなんか安心できるわけですよ。ということに最近気づいたわけですよ。
栗田もしっかり成長したよなあ、と。
ところで誰も花梨にブリッツをかまさないのは絵的にまずいからだろうか。
さすがの蛭魔も遠慮しているに違いない。1回くらいはブリッツされることを、そしてそのあとどうなるかを密かに期待しているのだけれど。


【4位】 家庭教師ヒットマン REBORN 標的205 目覚め
特にヒバリが好きなわけではないけれど、ここで10年前のヒバリがでてくるのは意表をつかれてちょっとよかった。近くに壊れてなさそうなボックスが落ちているのでそれを使って圧倒してくれるに違いない。
リングがないから勝てない⇒じゃあリングを持ってこよう⇒若返る の展開に不意をつかれたわけです。

にしても「僕の眠りを妨げると・・・」ってアンタ、制服着たまま寝てたんかい?
制服に皺がよるからそういうカッコで寝ないほうがいいですよ。特に腕章とか邪魔以外の何物でも・・・
なんでヒバリってここまで学校が好きで、ここまで風紀委員という仕事に誇りをもってるんでしょうね。
気にしたら負けですか?


【3位】 魔人探偵脳噛ネウロ 第169話 S【ドえすのしょうめい】
調教完了後のジェニュインが予想外にエロかったです。
ひざまづいて靴を舐めるシーンってジャンプで描いても許されるんだということがわかった有意義な回でした。
最近のジャンプは何が許されて、何が許されないのかがよくわからなかったりするわけです。
んでもって、回想する権利を没収するのが一番かわいそうでした。「その回想はストーリーとはまったく関係ないよ」って言っているわけですから。ホントに不憫でならないよ。


【2位】 BLEACH 321 Black Briers and Brambles
シャルロッテの口元のツヤが気になる今日この頃です。
ホントは来週評価するべきなのかもしれんけど、ここまであっさりとバトルを1つ終わらせた久保先生を評価したいです。この変態2人なら間違いなく10週は変態バトルを続けてくれると思ったんだけど。
そして、弓親さんは当然のように卍解が使えました。全然派手さはない癖に相手のHPを吸い尽くし、有効範囲も異常に広そうというなかなか反則な武器です。こりゃ69の人も負けるわ。

あと、「ビューティフル・シャルロッテ・クールホーン'S・ファイナル・ホーリー・ワンダフル・プリティ・スーパー・マグナム。セクシー・セクシー・グラマラス・虚閃!!!!」「普通の虚閃じゃないかっ!!」もよかった。1ページ以上無駄に使うにしても、これくらいアホくさいと許せてしまう不思議。
 

【1位】 バクマン 1ページ 夢と現実
大場つぐみと小畑健の新連載。2回目ははずすかなーと思ってたんだけど普通に面白かったのがちょっと悔しい。
でも、頭をよぎったのは『平成版「まんが道」』でした。といっても、まんが道を読んだことはないわけですが。きっとこんなかなあ、と思ってしまったわけですよ。

ところどころデスノートネタを仕込んでいるところは、ちょっと面白いけど、「ああ、あざといな」と思ってしまうのでなくてもよかったけどツカミとしてはかなりよかったと思います。勢い任せでやっちゃえ、ってな感じのノリが大好きです。
ここまで下心とゴールが明らかな漫画はわかりやすくて良いなあ。できるなら、金儲けのことは忘れて短期集中でゴールまで突っ走ってほしいものです。この漫画の息切れしたところはみたくない。
よくここまで別ベクトルで突き進めるものだと感心しながら、次回に期待。


【ブログ拍手のお返事 8月4日~8月10日】
2008年36号のジャンプ感想 4回
⇒いつも同じように書いてるつもりなんですが、拍手が多い週と少ない週の違いってなんなんでしょうね?
 とにかく、いつもありがとうございます。

BLEACH 34 (34) (ジャンプコミックス)BLEACH 34 (34) (ジャンプコミックス)
(2008/07/04)
久保 帯人

商品詳細を見る


最近どがしかでん!が普通に読めて困ってます。ええ。
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://bookhouse.blog96.fc2.com/tb.php/212-933676f8

前回のあらすじ:美少女軍団+リトで夏祭りにやってきました。ラコスポ+謎の殺し屋によって捕らえられたリト+ヤミちゃん!詳しくは前々回+前回...
ブログ内検索
最近のコメント
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。