空想書斎 -ジャンプ感想と作曲のページ-

おもにジャンプ感想と自作曲のページです。作曲後はニコニコにアップしてます。その他、イラストを描くことがあったりなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
ぜひ1クリックを⇒
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2008年32号のジャンプ感想 

なんとなく興味をひかれたFC2ブログのトラックバックに答えて見ようとおもい始めた。
ええ、ホントになんとなく。

ここで答えるのが「バーゲンは好きですか」と「使っているシャンプーはなんですか」なあたりが自分の小市民っぷりを体現していて非常に好きだ。

というわけで、バーゲンは人ごみが嫌いなので苦手です。でも、安売りは好きだ。
つまるところ、バーゲンよりもセールのほうが好きかもしれない。
個人的にはバーゲンはワゴンの中に入っている叩き売り状態のイメージです。
んでもって、セールはまだハンガーとかにかかっている整然とした状態のイメージです。

つかっているシャンプーはTSUBAKIです。一年前はアジエンスでした。
でも、ちょっと調べて見るとTSUBAKIがつやつやになるのはシリコン成分が髪の毛をコーティングするかららしい。ので、今のストックがなくなったら新しいシャンプーにかえようか検討中だったりします。

あー、やっぱりFC2トラックバックテーマって何もなかったときのネタ探しにちょうどいいかもしれない。
これからもちょくちょく答えよう。

というわけで前置き長くなりましたが、ジャンプ感想は「続きを読む」からどうぞ。

【番外】 天才錬菌術師 花市もんてろ
風間克弥先生の代原(…だと思う…ブリーチが作者取材のため休載だし。)
ていうか、ググってみたものの風間先生の前の読みきりの内容がまったく思い出せないんですが…
どんなだったか覚えてるひと誰か教えてください。「テンテンくん」というつっこみはたくさんあったからそんな感じの話だったんでしょう。きっと。

で、今度は「もやしもん」ですか?
もやしもん読んだことないからさっぱりわからんけれども。
ごめんなさい。今回も印象に残らなさそうです…なんていうか「くすり」とも笑えなかったもので。
なんていえばいいんだろう。笑わそうとしているのが空回りしすぎている感じ。小学生ぐらいの本当の対象読者なら笑えたのかなあ。
まあ、いいや。うん。


【5位】 アイシールド21 288th down CHRIS CROSS
少しずつではあるけれども、確実に実力を見せ始めたデビルバッツの面々。毎回、強敵と戦うときはこういった序盤の駆け引きの方がこの漫画は好きだなあ。
途中からは無茶をしてご都合主義で勝利し始めたりするので、相手の最強格がやっと実力を認めて本気をだしてくるあたりが一番楽しい。正当に王城戦が楽しめたのもそこんとこが大きかったような気がする。白秋はなあ…ちょっとひいたし。
正当なアメリカンフットボールの試合になるのが最終戦でホントによかった。


【4位】 家庭教師ヒットマン REBORN 標的200 霧
あ、なんか幻騎士の戦い方がコスくて楽しい。相手を罠に嵌めるのは戦いとして間違ってないけど、わざわざバトルフィールドをいままで障害物のない部分だけで戦ってたってのは理不尽で面白いわ。
壁にぶつかって自滅のビジュアルもなんかおもろい。っていうか、ツバメが前を飛んでるんだから先にぶつかってしまって、それに気づいたら止まれそう(まあ、この勢いでは無理か)なところも…
そこまでできるなら最初っから暗殺すりゃいいのに…とか思ったら負けなんですよね、きっと。


【3位】 ダブルアーツ 第15話 シスター
来月、単行本1巻発売!さらに読み切りとしてあの「island」が!買わねば。
確かに赤マルジャンプにしかのってない時点で幻のデビュー作扱いされてもしょうがないわな。

本編では大阪弁を操るシスター・ハイネが出てきました。
耐性があるからトロイから消え去らずにすんでいる。だから、シスターになれた。でもって、自分の命と引き換えに他人を助けられることに誇りを持っている…って、なんでシスターってこんなに自己犠牲の精神が強いんでしょうねえ。
あたしゃ、絶対無理。聖人君子になるくらいなら自分のやりたいことやるわ。トロイにかかっていながら一定量を取り込むまでは発症しないなら、他人に触れること意外を気をつけていれば長生きできそうな気がするので。

ただ、誰も死なないから忘れてたけど、この漫画は人の死が通奏低音のようにベースにあるんだよなあ。というのを少し思い出しました。

あ、あとキリにはエルーは陰気だと思われてたみたいです。「陰気で袖に熊さんつけた白い妖精」のようです。だから手を出したりしなかったんだろうか…


【2位】 To LOVEる とらぶる107 チクタク チクタク 恋の音
今回は古手川さんにクローズアップされた回でした。
ヤミから恋の話をふられた瞬間にリトの顔を思い出すあたり古手川さんもいいかげん認めればいいのに(認めたけど)。リトの顔も優しさ3割り増しです。ここまでもてても反感を買わないくらいにいい人なのもめずらしいと思う。

んでもって校長のタフネスも大したもんだよ。複雑骨折(?)していながらも、むき出しのエロDVDつき雑誌を持って雨の中スキップして歩くなんて、教職についている人間じゃ普通できない…
っていうか、教職についていなくても普通の感性を持った人間ならできない…
包帯で顔を隠した男にエロ本を売る本屋の店員もすごいと思うけど、校長が包帯を巻かれている理由もわからない。外傷ではなく複雑骨折だとおもってるんだけど、少しも骨が固定されてないし。
なんかいろんなものがカオスでした。


【1位】 ONE PIECE 第506話 ロジャーとレイリー
トラファルガー・ローとユースタスの軍勢VSバーソロミュー・くまの戦いが普通に熱いんですけど。
何回かにわたってキャラ付けされた最大の成果じゃないかなあ。この絵ヅラ。
んでもって、ベポが打たれ弱さもあいまって異常にかわいいんですが。

一方、麦わら海賊団の方はシルバーズ・レイリーからゴールド・ロジャーの死の真相を聞いていました。ここで、やっと第1話につながるという大きな話を持ってくるあたりもすげえ。
自分で仕組んだ死で世界が動くってのはおもしろいだろうなあ。
(バトル以外)ここまでストーリーを長く引っ張ってきた成果が確実にでてきていてかっこいいよ。

でも、まだいまいち海軍大将に期待できない自分がいる。出方は派手だけど、今んとこ動きが早いだけにも見えてしまうので。


【ブログ拍手のお返事 6月30日~7月6日】
2008年31号のジャンプ感想 3回
【マクロスF】第12話 ファステスト・デリバリー 1回
>拍手いただきありがとうございました!

ONE PIECE (巻50) (ジャンプ・コミックス)ONE PIECE (巻50) (ジャンプ・コミックス)
(2008/06/04)
尾田 栄一郎

商品詳細を見る


なんか、今週号の感想は適当な気がする…読み返しても読みづらい…
しかも直しどころがよくわからない…
ここまで読んで下さった方、ありがとうございました。

関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://bookhouse.blog96.fc2.com/tb.php/201-13131fcc

教室で一人、悶々とする古手川…  どうも古手川は孤独な感じがしますね。もう少し気さくに話をする友人がほしいところであります。と...
ブログ内検索
最近のコメント
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。