空想書斎 -ジャンプ感想と作曲のページ-

おもにジャンプ感想と自作曲のページです。作曲後はニコニコにアップしてます。その他、イラストを描くことがあったりなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
ぜひ1クリックを⇒
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2008年31号のジャンプ感想 

今回のFCブログのトラックバックテーマが「1人カラオケしたことありますか?」だった。
ちょっとずれたけど、なかなかタイムリー。
ひとりで歌うのも案外楽しいものですよ。あくまで練習かストレス解消のどっちかだと割り切れれば。
みなさんも興味をもったら一度どうぞ。

しかし、最近マクロス感想とジャンプ感想しかアップしてないなあ。
ちまちまではあるけどいろいろしてるのに。
また、調子が上がってきたらなんかあげます。

では、ジャンプ感想は「続きを読む」からどうぞ。



【番外】
今週読みきりが多すぎるんですが・・・
ギャグマンガ日和> グリムブラザーズ
月刊ジャンプは読んでなかったけど、ジャンプSQ.になってからは楽しく読んでます。
ほんとにこの人はなんでもネタにできるなあ。グリム兄弟、松尾芭蕉、ガリレオ・ガリレイ…
訴えられたら負けそうな気がしないでもない。訴訟大国アメリカでなくてよかった。とか変な感想を。

メイド in Cat
大石浩二先生お久しぶりです。地元に帰っちゃったと思ったら帰ってきたんですね。
少し画風が変わった気がするけど、下ネタに走ってしまうくせは抜けなかったらしい。
オチはどうかと思うけど「きっ 気合でもちこたえとる!」は面白かった。
確かに気持ち悪いよ、この絵。

かおすキッチン
これまたジャンプSQ.からのゲスト出演。
青茂先生すげー。170℃の油を身に浴びて「ケガがなかったからよかったものの…」とはふつーの人間では決していえないセリフです。ええ。
スーツの揚がった「カリッ…」の音もありえなくて素敵です。
そして、やっぱりビーフネスさんがかわいいと思いました。ホルスタインでは勝てないこともわかりました。
ああ、不憫。

罪花罰
さらに、ジャンプSQ.からの(以下略)
…はいいとして。ジャンプSQ.だからこそ許されてた暴挙だと思ってたら、週刊少年ジャンプでもやってもいいらしい。っていうか、パワーアップしてねえか、これ。
PTAの皆様に指摘されたりしないかが心配です。男三人で七夕ってよく考えると切ないですね…

そして、ジャンプSQ.のギャグマンガの充実っぷりが理解できました。一個ぐらい本誌にきてもいいんじゃない?ジャガーさんと2つあれば満足するよ。


【5位】 家庭教師ヒットマン REBORN 標的199 山本武 VS. 幻騎士
連載4周年かあ。長かったなあ。んでもって、天野先生ってこんなにカラーきれいだったっけ?
なんか久々にカラーを見たのかどうかも覚えてないけど、きれいだわ。とただ驚いてます。

で、ふと思い出したんですが、このマンガってリボーンが家庭教師で死ぬ気弾をぶち込んで無茶やらせるコメディマンガでしたよね。どれくらい前から方針転換したかさっぱり思い出せないんだが、ダメ綱だったよなあ。たしか。これはこれで面白いけど。

あと、タイトルでもふとおもったんですが、「山本武 VS. 幻騎士」ってなんかシュールじゃない?
いや、多分「幻騎士」ってネーミングが出てくることがシュールなんだと思うけど。今から10年後、「幻騎士」と呼ばれる剣と幻を自在に操るマフィアがいる…そう思うだけでシュールな気分になれるんだけど、つっこんだら負けかなあ。

ちなみにバトルの方の幻騎士の幻術乱発はNARUTOよりよかったです。
きちんと殺る気満々なところが特に。


【4位】 BLEACH 316.Swang The Edge Down
案外真面目に戦う気がありそうな死神のみなさんが予想外。
なんていうか、時間稼ぎぐらいの戦いしかしなさそうだったもので。でも、なんていうかエスパーダの皆さんに壊滅させられそうにみえるんだよなあ。この死神さんたち。
ここにいる人たちの戦歴を振り返ると…

・一番隊副隊長(名前忘れた)、二番隊副隊長(大前田)…卍解放覚えた一護に抜刀すらしてもらえず一撃でやられる。
・射場さん…斑目一角の始解とほぼ互角。一角は卍解してやっと10番台の一般破面を倒せるレベル。
・砕蜂隊長…夜一さんに負ける。
・ワンちゃん隊長(名前ほんとに忘れた)…藍染に詠唱破棄した黒棺で瞬殺。
・日番屋隊長…藍染に幻見せられて瞬殺。
・浮竹隊長…強いけど病弱。きっと病に負ける。

というわけで、今まで負け描写なしの人々は京楽隊長、山じい、乱菊さんの3人だけ。
絶対にこの人たちでは勝てなさそうなんだけど…


【3位】 ダブルアーツ 第14話 名前
あー、ちきしょー仲いいなあこいつら。初めて名前呼んでくれたとか、どこの初々しいカップルだよ。
でも、感想書くために見直してたら「だからそんな心配そうな顔 どうかしないでください」のコマだけエルーのフードが脱げとるミスに気づいてしまった。でもこの2ページのエルーかわいいなあ、ちきしょー。

あと負けたら泣くスイがかわいいなあ。
でも、ここまで強いと4日間の護衛をしたあとはしばらく仲間にはならないだろうなあ。
この強さだとチート野郎の称号をもらえそうな気がする。
ファルゼンがあんまり強くないことを期待してみる。でないと、インフレがひどすぎるので。ゼズゥさんの再登場はもうちょい先だろうし、それまでに主人公が強くならんと。

でも、ゼズゥさん「毒殺アブロか…」とか言ってた割にはさらにプラス2人のガゼルの暗殺者を送り込むあたり、負けたにしても念を入れすぎです。生き残らせる気のくせに殺る気満々の布陣だったのが謎だよ。


【2位】 SKET DANCE 第47話 過ちのエンジェル再臨 + リゾート・ダンス
まあ、1話だけなら以前の過ちのエンジェルよりテンションが落ちてた気がするわけですが、番外編までつけられたらがんばったなあと思ってしまうわけです。ジャガーさんもそうだけど、ギャグマンガ(スケットはコメディか?)で一回で二話描かされるのはしんどいだろうなあ。と思ってしまうわけですよ。

話の方はビジュアル系の伊達君が再登場…って、少しコミュニケーションを取るコツを覚え始めているスケット団のみなさまが素敵だ。
んでもって、ここまでの存在感を出してるダンテ君ですが、振り返ると5回しかしゃべってません。
「トロイの木馬」「ら…螺旋の神」「迷える子羊」「甘い誘惑」「天子の館」「僕の席(マイシート)」
たったこんだけで話を進めることができる時点で彼らの空気の読むスキルが異常に高いよ。

逆に番外の浪漫ちゃん絵としては2コマ、セリフ込みで3コマしかないのに、ここまでの存在感のかもし出し方はふつーできないと思うんだ。すごすぎる。
ちなみに浪漫ちゃんも同じセリフ5回ですが、文字数はダンテ君より多いです。


【1位】 ONE PIECE 第505話 クマ
最近けっこうおもしろかったけど、今週は爽快でよかった。竜人殴った回は確かにすっきりしたけど「いつかこいつ殴るぞ」って思ってたから「ああ、やっぱりいったー!」の割合が強くて、いくつかのジャンプ感想サイトで言ってたスッキリ感が今ひとつだったんですよね。

今回は一般海兵VS3人の一騎当千の爽快感があってよかったし、なによりキッドとローがキャラとして思いっきり立った感じがしてよかった。
特にキッドの「”新世界”で会おうぜ」にいくまでのキラーへの独り言と、その言葉を聞いたあとのローの楽しそうな顔がいい。敵になって出てくるのか、最後らへんで共闘するのかは知らんけど(たぶん前者だろうけど)再会を楽しみに思える離れ方が印象的でした。

ただ、次に再会するのが現実時間で何年後かは気になりますが…


【ブログ拍手のお返事 6月23日~6月29日】
2008年30号のジャンプ感想 4回
>拍手いただきありがとうございました!

One piece (巻44)One piece (巻44)
(2006/12/04)
尾田 栄一郎

商品詳細を見る


…今週、感想長っ!

関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://bookhouse.blog96.fc2.com/tb.php/199-babb9f1d

 リトの友達である猿山が、一目ボレをしました。  うーむ、相手は100話-102話にかけて女体化したリトでした。ついに猿山にも春が…  ...
ブログ内検索
最近のコメント
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。