空想書斎 -ジャンプ感想と作曲のページ-

おもにジャンプ感想と自作曲のページです。作曲後はニコニコにアップしてます。その他、イラストを描くことがあったりなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
ぜひ1クリックを⇒
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2008年25号のジャンプ感想 

さっきジャンプを買って帰ってきたら大家さんと間違われました。
つか、ジャンプを小脇に抱えた大家がおるかっちゅーねん。
でも、声かけてきた人の理由は気になる。鍵でもなくしたんだろうか。
大家さんに間違われた=大家さんをすでに呼んでいる状態なのでもう解決はしてると思うけど、ちょっと気になる出来事でした。

さて、今週のジャンプ感想は「続きを読む」からどうぞ。

【番外】 トリコ グルメ1 美食屋・トリコ!!
島袋先生おかえりなさいな新連載。
感想は…う~ん、なんていうか。(最近この感想多いな。)
もともと島袋先生は絵が苦手なのもあって、あまり話にのめりこめないんですよね。
美味しいものが好きなのはそりゃ当然としても自分が大喰らいではないっていうのも、のめりこめない理由かもしれない。
あと、とどめはなんか全ての食材が珍味に見えてしまうのです。純粋に「これ美味しそう」って思ったのがなかったんですよ。
あと懸念は、『トリコが食材調達の依頼を受ける⇒現地へ⇒食材(ボス)が予定以上に強い⇒かろうじて勝利』の一連のテンプレートで収まってしまわないかということ。
このテンプレのせいでアイシールドは幕間しか楽しめなくなってきたので。


【5位】 エム×ゼロ M:99 さらば聖凪③
残念ながら打ち切り。叶先生お疲れ様でした。
思えば、エム×ゼロとTo LOVEるで方向が一緒の方を向いてる新連載を同時に始めてよかったのか、という疑問の声をどっかで見ましたが、蓋を開けてみればまったく別の方向へすすんだなあというのが個人的な感想です。
打ち切りとはいえ、すっきりした終わり方で「ああ、戻ってみんなと仲良くやっていくんだろうな。」と思えるような終わり方をしてくれたのが救いです。魔法をなんで習っているのかも最後の最後で明らかにしてくれていたし、落としどころとしてはばっちりだったんじゃないでしょうか。


【4位】 D.Gray-man 第159夜 嵐の引越し 午前2時
こいつらは一体何をしたいんだ…
と思えるくらいの勢い任せな閑話休題。この話で何をしたいんだろう。というあまりの前話とのギャップにじわじわシュールな笑いがこみ上げてきた。
まぢでなんだこれわ。


【3位】 魔人探偵脳噛ネウロ 第157話 昔【かこ】
ホモのツンデレを始めてみたよ。
ところで、ダンボールジャングルの耐水性と耐火性はかなり低い気がするわけですが…
DRの洪水の時には鉄砲水の破壊力には勝てるみたいなことを言っていたけどじわじわ侵食してくる普通の雨に対してものすごく弱そうです。さらにいうなら、葛西の能力で瞬殺されるような悪い予感しかしないし。

やっとこさ、謎の新しい血族の名前がヴァイジャヤさんだと明らかになりました。
なんでいままで隠していたのかわからんけど、なんか名前にヒントでもあるんだろうか。
そして、「新しい血族」とは紹介されているけど「五本指」をしては紹介されてないんだよなあ、ヴァイジャヤさん。ミスリードかなあ。
そして、能力も口から霧を吐き出す能力。なんていうか加湿器を思い出してしまいました。葛西さんが平気にしているあたり毒ではないのだろうけど、いったいどんな能力があるのか。霧だけなら補助能力以外のなにものでもないので、霧で惑わせ、毒薬で殺す大量殺人のしにくいアサシンタイプを想像したけど、あってるかなあ。


【2位】 ダブルアーツ 第8話 "彼の選択"
ゼズゥさんが圧倒的で面白いなあ。
でも、ベストイレブン(否サッカー)の一人なので、ここで手傷を負ったりせずに引き返してほしい。
どうやって助かるかがさっぱりわからんけど、「ミリティアとかスイが出てきても少しも状況が変わらないけど、引いていく」でもいいので圧倒的なままいなくなってほしいなあ。

キリもなにもできてないけど、シスターを見捨てられず戻ってくるあたりの青さが王道少年漫画っぽくてかなり好きです。

【1位】 BLEACH -102.Turn Back The Pendulum 7
山爺の「火急である!」につい失笑。
この人の指示はことごとく後手に回るなあ。事件の一つならほっといて、隊長たちが巻き込まれたら誇りにかけて解決しようとするあたりにお役所仕事っぷりを感じてならない。
今回の話で全ての仮面の軍勢と浦原、テッサイが出揃ったのでここで過去の物語が一気にすすんでくれるんだろうなあ。

いままでのヒントからすると、現地調査隊も全滅、消失。擬骸を使って浦原が何とかしようとするも、失敗。その責任をとらされて浦原は人間界へ去ることになる、ぐらいかなあ。
あ、まだ一護の父親と浦原の関係がかかれてないか。
過去の剣八(十一番隊隊長)と十番隊隊長が出ていていないってことは十番隊隊長が一護の父親かなあ。そしてブリーチはやっぱりバトルがないほうが面白いなあ。

BLEACH 33 (33) (ジャンプコミックス)BLEACH 33 (33) (ジャンプコミックス)
(2008/04/04)
久保 帯人

商品詳細を見る



5月12日~5月18日
2008年24号のジャンプ感想 3回
【P3】 20000Hitお礼 1回
【マクロスF】第6話 バイバイ・シェリル 1回
ファイナル ファンタジー4 プレイ日記(2)
>まだカイナッツオ戦のまえなのでLVあげちゅうです
⇒僕もまだクリアしてないです。思い出したかのように書き込むのでネタバレにはご注意を。
  FFの中では一番好きなので、お互い楽しんで進めましょう。
>それぞれの記事に拍手いただきありがとうございました。
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://bookhouse.blog96.fc2.com/tb.php/188-ef00a8a4

 「とらぶるくえすと」後半から前回まで、「ラブコメ」要素が強かった本作ですが、もちろん読者諸賢がご存知のように、本作の魅力はエロに...
ブログ内検索
最近のコメント
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。