空想書斎 -ジャンプ感想と作曲のページ-

おもにジャンプ感想と自作曲のページです。作曲後はニコニコにアップしてます。その他、イラストを描くことがあったりなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
ぜひ1クリックを⇒
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【マクロスF】第5話 スター・デイト  

こんだけ時間があるとさくさく更新できていいなあ。
そこはいいけど、仕事は結構刺激にはなるので少し退屈ではある。
バランスよくってのは難しいもんだ。

さて、マクロスFを見たのでその感想を。「続きを読む」からどうぞ。

といっても今回は特に書くことが無かったりする。
アルトとシェリルが成り行きからデートしてたところを運悪くランカに目撃されてしまっただけだし。
あとはバジュラを操っている親玉がいそうですね。ってことを明らかにした回ぐらいの印象しかなかったんだよなあ。
ランカが歌ってたのもなんとなくシーンの印象は残ってるけど、歌としての印象はいまいちだったし。
まあ、長いんだし閑話休題みたいな回を挟むのもいいんだけれども。

ランカがノリよく歌ってるときの動きがどうも古いアイドルの動きに見えてしまって現実に帰ってしまうわけですが、他の人はそんなことはないでしょうか。
なんていうか、洋画を見てて感動的なシーンで歌が流れてくるわけですよ。その歌の歌詞がこっぱずかしい和訳で下に出てくるわけですよ。もう、やめてくれと。それくらいの衝撃を受けるわけです。
その洋画のタイトルは、ゴースト-ニューヨークの幻-なわけですが。金曜ロードショーでみたのでDVDはどうかは知りませんが、高校時代(だったはず)の人間ですら恥ずかしくて見てられなかったのはよほどの攻撃力だと思います。

さて、話を少しだけ戻して。シェリルの戻るところ「ギャラクシー」はバジュラの大群によって壊滅させられてしまったようです。と言うわけで、シェリルは戻れず三角関係が続いていくようになるわけですね。わかりやすい理由でいいと思ってしまったのはここだけの話。ギャラクシーに戻ったらどうやって再登場するんだろと思っていたので。

このアニメって、未来の話なのにステレオタイプですよね。

マクロスF(フロンティア) 2マクロスF(フロンティア) 2
(2008/09/26)
中村悠一、遠藤 綾 他

商品詳細を見る
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://bookhouse.blog96.fc2.com/tb.php/183-5307044b

マクロスF(フロンティア) 1 (Blu-ray Disc) 失くしたイヤリングを探すために、再びアルトの前に現れたシェリル。イヤリングを探すため、アルトにフロンティアの中を案内するよう命令する。一方、オズマに歌手になる夢を否定されたランカは、思わず家を飛び出してしまう...
ブログ内検索
最近のコメント
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。