空想書斎 -ジャンプ感想と作曲のページ-

おもにジャンプ感想と自作曲のページです。作曲後はニコニコにアップしてます。その他、イラストを描くことがあったりなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
ぜひ1クリックを⇒
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2008年20号のジャンプ感想 

あ。何気に先週はジャンプ感想以外何も更新してなかった。
3月よりちょっと暇だったんだけどなー。
ガンダムとネウロが終わったリバウンドのような気がしないでもない。

まあ、ぼちぼちペースを戻していきます。

ペースを守れるジャンプ感想は「続きを読む」からどうぞ。

【5位】 エム×ゼロ M:95 10(+ 2) Pudding
いや、普通にネウロとかサイレンの方が面白かったりはしたんですが、まるまる1話使って胸を揺らし続けた叶先生はいかがなものかと思ってしまって、そうなるとどうしても感想に書いて残しておきたくなってしまったわけですよ。
編集さんもよく許したなぁ。だって今回は胸を軽くする→催眠ガスで寝る→胸が揺れ続ける。の3段階でしか話がすすんでないわけです。それで1週描き切るなんて…ていうか、これってフェチにはたまらないのだろうか…よくわからんのだけれど。
(+2)扱いされた観月が不憫で好きです。


【4位】 BLEACH -106.Turn Back the Pendulum 3
マユリ様はやはり人格に問題があったようです。
危険思想を持っている「かもしれない」死神を隔絶するための牢獄に唯一自由を奪われて捕らえられているマユリ様。なんだかそのポジションに安心した自分がいるわけです。マユリ様が「人格に問題なしと判断」されるわけないじゃないですか。
「性格は悪いけど実力はあるからな~…しょうがないか。浦原もいなくなっちゃって研究所を維持する人が欲しいしなあ」みたいな感じで選ばれたなら、セリフの端にたまに出ている浦原への皮肉っぽい物言いもなんとなく理解できなくもないし。
夜一と砕蜂の関係を浦原とマユリ様でやってくれたら多分笑う。


【3位】 ダブルアーツ 第4話 Beauty & Beast
一般の街娘にやられた時点でガゼルの株は大暴落。だけど、すっきりしたこのさくっと戦いに決着がつくのは好きです。キリにはトロイの感染を防止する能力のほかにも、不思議な能力(体を軽くする(?))を持っているようです。
それが大ゴマをまったく使わずまだ明らかにしないところがじらすなあ。

スイの「惚れちゃった?」発言には全力で否定しておきながら、元彼女と聞いて固まるエルーがかわいいなあ。次号予告が「スイとの関係は!? キリの力の秘密が発覚!!」らしいので今回の元彼女発言は冗談かもしれないけど、もうちょっと男女二人が手をつないで同じ布団に寝てることを意識したほうがいいと思うよ、この人たち。


【2位】 HUNTER×HUNTER No.277 侮辱
ナックルがどんどん生き残れなくなっている気がする…
ユピーに一撃くれてやるためにはユピーのベースとなる身体能力に加えてナックルの能力による能力強化があるわけで、時間が経てば経つほど一撃をくれてやれる可能性が減るわけですよ。(まあ、直撃したらナックルの能力による加算を無視して一撃死だろうけど。)
個人的には、この誤算はしょうがないよなあ。勝利の酒はともかくとしてプライドを傷つけられたら真っ向から戦うしかないと言うのはしょうがない。ここで2人が勝利のために屈辱に耐えるという展開も熱かったかも知れないけど。(じゃあ、誤算が発生しなくてもよかったんじゃん。)


【1位】 SKET DANCE 第37話 リトルプリンセスは気分上々
なんで2週連続 部室でぐでぐでしてるだけなのにこんなに楽しめるんだろう。
ていうか、ちっちゃくなったヒメコとモモカかわいいなあ。ボッスンの扱いの悪さもステキだ。だれも話を聞いちゃいねぇし、だめオトン呼ばわりされてる高校生主人公なんていないぞ、普通。ほんとにおいしいなあ。蔑まれるほどにキャラが立つ主人公に新しい方向性を見続けるこのごろです。

そして、元ヤンのほぼ戦闘要員ポジションのヒメコがキャラが立つとここまでかわいらしくなるのか。
ぶっちゃけ、キャンディの味覚以外に悪いところがみあたらないんだが…


【ブログ拍手返信】
4月7日~4月13日
2008年19号のジャンプ感想 2回
Return to Zero 1回
【マクロスF】 第1話 クロース・エンカウンター 1回
>それぞれの記事に拍手いただきありがとうございました。

SKET DANCE 1 (1) (ジャンプコミックス)SKET DANCE 1 (1) (ジャンプコミックス)
(2007/11/02)
篠原 健太

商品詳細を見る
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://bookhouse.blog96.fc2.com/tb.php/173-d1ff17ca

前回までのあらすじ:マジカルキョーコによって、突如異世界に放り込まれたリト、春菜、美柑、古手川。ララは囚われの眠り姫状態ですが、ヤ...
ブログ内検索
最近のコメント
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。