空想書斎 -ジャンプ感想と作曲のページ-

おもにジャンプ感想と自作曲のページです。作曲後はニコニコにアップしてます。その他、イラストを描くことがあったりなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
ぜひ1クリックを⇒
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2008年18号のジャンプ感想 

うわ、IEが落ちた。書きかけのジャンプ感想が…

前フリもごっそりなくなっちまったぃ…
KX25とCubaseの使い方をうっすら理解した話をかいたんだが…

というわけで、さくっと「続きを読む」に書かせてもらいます…

【5位】 アイシールド21 275th down 最強帝国のクォーターバック
アイシールド21はこの閑話休題なネタづくしのインターバルが結構好きだったりします。
試合は王道パターンでしか攻めてくれないので、何をやってくれるかわからないせいかも知れません。まあ、前のチームの選手が次の対戦相手にフルボッコにされることはテンプレート化しているわけですけれども。この漫画の人々の試合後のあとくされの無さが好きだ。いい試合だった、みたいに全てを終わらせてくれるから。

で、今回のフルボッコにされた人は万戸スパイダーズの棘田さんです。棘田さんは東京一の実力と言われながらも帝黒では四軍にしかなれませんでした。まあ、東京一と言っても常に王城には負け続けているし、キッドもいたからその実力は伺いしれたものかもしれませんが…
でも何でわざわざ四軍にしかならない選手を奪ったのか。そしてローズ・ウィップなんていう蔵馬みたいな技を持つ棘田さんはデビルバッツとの試合に出れるのか。たとえ、咬ませ犬扱いされたとしても…


【4位】 BLEACH -108 TURN BACK THE PENDULM
空気扱いされていた「仮面の軍勢」の過去がやっと語られるようです。長かった。
しかし、このこのメンバーに一護の父ちゃんと(多分)夜一さんかぁ。濃いなあ、コスギルヨナァ。
このメンバーにあとワンちゃん隊長がいたら心の中のベストメンバー(濃さの意味で)だと思うんだ。
ほんの少しだけって言ってるから、短く、さくっと、でもきちんと過去を明らかにしてくれることを期待します。


【3位】 PSYREN CALL.16 大喰らいの蟲
あー。相変わらず地味にあっけなく人が死んでいくなあ。こういう世界での命ってこういうもんだよなあ。看板漫画も見習ってほしいものです。いや、看板漫画も確かに面白いんだけど死ななさすぎて命の価値や敵の強さ(非道さ?)がいまいち伝わらないのです。全員瞬殺する気でやればいいのに。

サイレンはこの耐久力の無い人間を貫いていって欲しいものです。回復魔法(治癒力を高めるPSY)はあるっぽいのでそれを使う程度でとどめておいて欲しいんだ。あと、このハイリスク・ハイリターンな能力バランスはもうちょっと維持されてるといいなあ。
ペルソナ3もタルタロス探索時の疲労って後半戦まったく発生しなかったし、そういうのはなんかつまらんのです。ので、ぜひ。


【2位】 魔人探偵脳噛ネウロ 第151話 協【きょうりょく】
案の定、笹塚さんは協力してくれました。いい人だ。
というか、笹塚さん冷静すぎると思うんだ。魔人とか魔帝七つ兵器とか見ていながら、つっこむのは「ドS」な素顔の方って、どんだけずれてんだ。

でもって、ここから人間側の反撃とネウロの休息が同時に始まると。
ぜひ、警察のみなさまには人間の意地をもう一度見せて欲しい。血族を一人くらい倒してほしいものです。それが叶わぬのならせめて、シックス達の正体と本拠地を突き止めるくらいは…


【1位】 ダブルアーツ 第2話 ルチル家の人々
エルー「私の体は!! 凶器と同じです…!! 触れてしまえば
      簡単にその人を不幸のどん底に突き落とすことが出来てしまうんです……!!


ずるい…というかすばらしい…2話連続で感動できるシーンを作ってくるとは予想してなかった…
本当はそれに対するキリの受け答えが本当に感動させたいシーンなんだろうけど、自分を犠牲にしている人間の心情吐露の方が自分には効くんだなあ、ということがわかったよ。

所々に差し込まれるモノローグが全部過去形になってるのが気になる。
第1話では気になりながらも何時を支点にした回想かがわからんから特に気にしてなかったんだけど、この書き方だと協会本部についた後、だよなあ。んでもって、モノローグの端々にキリと離れた後になってる表現があって、しかももうキリとは逢えないようになってることが読めるんだよなあ。
…しかも、うっすら幸せではないような表現で。

ストーリーが終わりまで練られていそうなことが感じられるので、たとえ面白くても編集部さんの延命措置はしないでください。打ち切りなんてもってのほかです。と思えるくらい、自分の中でこの2話の完成度が半端無い評価です。

ちなみにこの漫画のテーマソングがいつの間にか宇多田ヒカルの「Flavor of Life」になってるんですが、同じ方もしくは共感してくれる方はいらっしゃらないでしょうか。なんと言うか、歌詞が。

【ブログ拍手返信】
3月24日
・2008年17号のジャンプ感想 1回
3月28日
・2008年10号のジャンプ感想 1回
>それぞれの記事に拍手いただきありがとうございました。

関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://bookhouse.blog96.fc2.com/tb.php/168-e51c7cf6

前回のあらすじ:マジカルキョーコによって、突如異世界に放り込まれたリト、春菜、美柑、古手川。「体感RPGをクリアしなければもとの世...
ブログ内検索
最近のコメント
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。