空想書斎 -ジャンプ感想と作曲のページ-

おもにジャンプ感想と自作曲のページです。作曲後はニコニコにアップしてます。その他、イラストを描くことがあったりなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
ぜひ1クリックを⇒
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【ガンダム00】 #25 刹那 

YAMAHA KX25買っちまったぃ。
さっそく接続して使ってみる。使いやすい、っていうか、いままでどんだけ苦労してたんだ、自分。
好き放題キーボード叩けばどんな音がでるかすぐわかるから、作業がはかどるはかどる。
音の強弱は自分の気まぐれで変わるので音を決めたらペンで書いてるけど、それでもよっぽど早くイメージと合う様になりました。いいことだ。なんでいままで使わなかったんだろ、と後悔するくらい。

あとシーケンサがSinger Song WriterからCubase 4になりました。環境ががらっと変わりすぎて慣れないけど、なれたらCubaseの方が使いやすそう。まあ、そのためのKX25なわけですが。
というわけで、しばらく楽しく遊べそうです。

さて、第1シーズン最後のガンダム感想は「続きを読む」からどうぞ。

【あらすじ】
国連軍とソレスタルビーイングの戦いに決着が着く。
アレハンドロ・コーナーの駆るモビルアーマーとの決着。
グラハム・エーカーの駆るGNフラッグとの決着。
ソーマ・ピーリスとセルゲイ・スミルノフの駆るGN-Xとの決着。
すべての決着により、地球はひとつとなり和平への道を歩むのだった。

リボンズ・アルマーク、王留美…裏で暗躍するものを残しながら…


【感想】
あらすじ短っ!
まあ、今週は戦いっぱなしやったしなぁ。でもまさかグラハムさんまで出てくるとは思わんかった。
さらに言うとマリナ・イスマイールがでてくるとは夢にも思ってなかった。駆け足過ぎて少し笑えた。全体を通して前半が長すぎたんだって、やっぱり。

にしても、アレハンドロ・コーナーは小物だったなあ。最後に金色のジムで悪あがき始めたときにはどうしようかと思ったよ。一応、ガンダムエクシアの単騎接近戦バカな特性の説明には納得しておくとしよう。バリア張ってくる奴は物理攻撃でどつき倒すのがセオリーですから。
つくづく、アレハンドロ・コーナーは小物だったなあ。もう、リボンズに裏切られてるところなんかあまりに不憫でしたよ。ええ。

最終回に間に合ったグラハムさん。この人は何をしに来たんでしょうか。おとなしく第2部まで待ってりゃよかったのに。そしたらもっと時間をかけてガンダムと戦えたのに。スピーディーに全力でぶちのめしあう決闘は結構熱かったけど、もったいない。

アレルヤはソーマ・ピーリスとお知り合いだったらしい。ハレルヤも知っていて隠していたらしい。ぶちきれてるのに気遣いの紳士だ。覚醒アレルヤはオールバックらしい。予想が外れた。個人的な予想では目を隠している髪の束が真ん中に来る面白髪型になるはずだったのに。残念。

そして第2部へのヒキ。
アリー・アル・サーシェスが生きていたのは予想通り。あの仮面の人はグラハムさんだろうなぁ。……コーラサワーさん生きてる!……どうやって……というか、第2部もあのポジションを約束されたと思っていいのか?
あと、ティエリアは生きてました。刹那もガンダムエクシアを回収したって言ってたからきっと生きてる。アレルヤとロックオンは…どうなったんだろう。思い返すとロックオンはそっくりさんがいたから、そっちがでてくるのかも…。
イノベーター(innovater=革新者)かあ…第2部の主役…なわけないな…多分。戦隊モノすぎるもの。

最後にでてくる「Missoon Incomplete」の文字…えー…。

機動戦士ガンダム00 4機動戦士ガンダム00 4
(2008/04/25)
宮野真守、三木眞一郎 他

商品詳細を見る
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
最近のコメント
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。