空想書斎 -ジャンプ感想と作曲のページ-

おもにジャンプ感想と自作曲のページです。作曲後はニコニコにアップしてます。その他、イラストを描くことがあったりなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
ぜひ1クリックを⇒
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2008年16号のジャンプ感想 

さて、1時間半前に一つ記事を書いていると前フリに書くことがなくなっていて正直困る。
1時間半でジャンプ読んでただけやっちゅーねん。

と言うわけで、さくっとジャンプ感想に行きたいと思います。
「続きを読む」からどうぞ。

【番外・新連載】 バリハケン 伝説1 香涙野 麗たんはボクの嫁!
うん。なんていうか…うん…
どこらへんの人々を狙っているのかさえわからなくて正直困る…
デトロイト・メタル・シティみたいなことをしてみたかったんだろうか…
でも、オタクでやられてもなあ… うん、困る…一応、鈴木先生はベテランのはずなんだし…


【番外・最終回】 MUDDY 第12話 マディとクレイ
これまた、うーん… 独特の作風がちょっと出てきてて最近ちょっとおもしろいかもと思い直し始めていたので少し残念です。終わり方もちょっと好きです。なんというかほのぼの系。
多分この作品はあえて目的を提示せず、マディに好きなことをやれと言ったのが斬新でもあり、失敗だったんだと思うんですよね。ここで評価が分かれちゃった気がします。でも逆にこうしないと作品のほのぼのな魅力はなかったと思うし、難しいところだったと思います。
なにはともあれ、初の連載お疲れ様でした。


【5位】 HUNTER × HUNTER No273 再開
話はまったく進まず(あ、ゴンとピトーが再開したか。)なのはどうかと思いました。
でも、ウェルフィンさんが疑心暗鬼になるところが好きです。自身の出世欲に目を奪われかけながらも罠かもしれないと不安になって、そこからビゼフが大事と自分に思い込ませて、最後まで突っ込めない小心者っぽさがいいです。なんて人間臭いんだ。

<巻末コメント> 自分には向かないと思ってあきらめていたことに挑戦することにしました。
…何に挑戦するんでしょう…毎週連載でしょうか


【4位】 To LOVEる トラブル92 珍客訪問
ザスティンさま… なにやってんだ…つか、おめでとうございます。
某漫画賞の最終候補に残ったことをギドに報告しているザスティンさまの顔が幸せに満ち満ちていてすばらしい。なんて癒し系+和み系なんだ。
しかも部下からお酒に誘ってもらえるってことは、部下の信頼も厚い模様。どんだけいい人なんだザスティンさま。そりゃ天条院さんも惚れるよ。

ところで珍客はヤミちゃんだよね?ザスティンさまじゃないよね?


【3位】 魔人探偵脳噛ネウロ 第149話 捨【すてる】
掲載位置がえらいことになってます…大丈夫かなあ。
本編はテラの過去が明らかになりました。シックスとネウロのスタンスの違いもやっぱり指摘されました。

1000人すら無視したくてもできないネウロは基本が圧倒的に不利なんだよなあ。可能性がある以上は守らなくてはならない。でも守れば自分が衰弱していく。これはなあ…。
1000人すらと書いてみたものの1000人って結構多いよなあ。それを「すら」と思わせるあたり、少年誌の戦い方じゃないよなあ。「これ以上だれも傷つけさせない!」ぐらいのノリばっかだし。


【2位】 アイシールド21 273th down AND THE WINNER IS ...
峨王さんが倒れるまでのセリフ長っ!!
きっとパワフル語で栗田にだけわかるように「GYAA!!」とか言ったのが脳内補完されたんだと思っておきます。
ラストバトルは熱くてよかったと思います。経験が差を分けるのもパワー勝負で力の使いどころだっていうなら仕方がないし、納得できる理由だと思えるし。
でも、クリスマスボウルはどうやって戦うんだろ。蛭魔の腕がそんな簡単に治るとも思えないし…


【1位】 SKET DANCE 第33話 五回戦ピクシーガーデン
なんつーか、「ざぶとん」にかなり近いルールのカードゲームのような気がしました。つか、「ざぶとん」は一般名称として定着しているのでしょうか。
にしても、安形さんは心理を読むのが得意ってレベルじゃないぞ。へらへら笑って喰えないキャラの裏の黒さ全開なのは非常に好きです。好印象(黒くても。)
ボッスンがどうやって勝つのかもわからんし、楽しませてくれるなあ。

<巻末コメント> アシスタントさんが借りてきたDVDがつまらなかったら、センスを罵倒する空気が流行中
…ひでえ…流行って…

SKET DANCE 1 (1) (ジャンプコミックス)SKET DANCE 1 (1) (ジャンプコミックス)
(2007/11/02)
篠原 健太

商品詳細を見る


PSYRENは桜子がひさびさにヤンキャラになってました。眼福です

関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://bookhouse.blog96.fc2.com/tb.php/161-3aaddfbd

 うーむ、U-15のアイドル(まあ美柑は小学6年生ですから当然といえば当然ですが)デユオを思わせるような表紙から今回は筆をおこしたいと思...
ブログ内検索
最近のコメント
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。