空想書斎 -ジャンプ感想と作曲のページ-

おもにジャンプ感想と自作曲のページです。作曲後はニコニコにアップしてます。その他、イラストを描くことがあったりなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
ぜひ1クリックを⇒
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2008年12号のジャンプ感想 

買ってきました。2枚のCD。
合唱のCDなので、タワレコクラスになんでもあるところか、YAMAHA、カワイぐらいのクラシック系のところにしかないんですよね。ブラスは大量にあったりするのに。冷遇されとるなあ。下手なところは誰が聴いても下手で、上手いところは誰が聴いても上手いのは同じなのに。

個人的には、楽器がなくても音楽が奏でられるところは間違いなくブラスより優れていると思っているのだが…楽器の質は自分の体な訳だから言い訳も聞かんし。

あとはベートーヴェンの第九といい、モーツァルトのレクイエムといい、ヴェルディのレクイエムといい、カール・オルフのカルミナ・ブラーナといい、ヘンデルのメサイヤといい声楽をともなった曲はよく聴かれているはずなんだけどなぁ。もったいない。

まあ、愚痴はこれくらいにしてジャンプ感想は「続きを読む」からどうぞ。

5位 銀魂 第二百訓 二百回とか気にしないでいこうか
あ~、ほんとに連載200回を気にせずにふつーに続き描いちゃったよ。まあ、きりが悪いから当然と言えば当然なわけですが。

しかし、今のちみっこ達はデーモン小暮閣下はわかっても聖飢魔IIなんて知ってるのか。さらに「蝋人形の館」などと曲名まで限定して。
今となっては閣下はブリーチのキャラソンなんて作って「死神と悪魔のコラボレート」とかやってるけど、昔はちゃんとロックしてたんだから、時々でいいから思い出してあげてください。
って、銀魂の感想まったく関係ないな。


4位 D.Gray-Man 第148夜 ヨビゴエ
ありきたりな話な気もするけど、なんか好きだ。
なんつーか、ノアの血族をガン無視して圧倒的なれべるふぉおが面白くてしょうがない。あんだけがんばって戦っていたのはなんだったのかともう小一時間どころじゃなく、軽く数時間問い詰めたい。
ぽっと出バンザイ。


3位 BLEACH 310.FOUR ARMS TO KILLING YOU
いやあ、ツッコミたい。もう、ほら、タイトルまで4本の腕なわけですよ、それが6本に増えるなんてもう。一護も「さらに2本増えやがったのかよ…」みたいな驚きしてくれたらいいのに。

ノイトラさんネルをラスノーチェスから追い出したときも、ネルを騙してましたしね。
この人相手を騙さないと戦えないのかしら。格がどんどん下がっていってなんか見ていて不憫になってきます。
だって、先週楽勝で剣八の刀防いでたくせに何も変わってない剣八に腕1本もがれて、やばいからさらに腕2本増やしたんですよ、この人。本当に剣八が解放しないまま倒しちゃうんじゃないかと心配になってきます。いや、おっさん好きだからそれくらいやってくれると面白いわけですが。


2位 魔人探偵脳噛ネウロ 第145話 顔【アイコン】
テラの頭悪いなあ。こんな頭の悪い子が強いのがステキ。
サイももう一度強化されて出番がやってくるようです。腕に銃を仕込んでいるあたり、シティーハンターのバロン(だったか?)を思い出した自分は古いのだろうか。腕の中に仕込み銃はともかく、腕に感覚があるなら腕の中を薬莢が動き回るのだけは感じたくないなあ。

宣戦布告には笛吹を襲った能力を使わなかったあたり、タネを見破られると困る類のものなんだろうか。

巻末コメント「チョコパイ喰いすぎて何時間か行動不能に陥りました。恐るべし…血糖値上昇…」
どんだけ食べたらそうなるんですか…松井先生…
そういえば塩分も取りすぎると浸透圧が狂って体を壊すはず。弥子はどうなるんだろう。というか、チョコレートのチョコフォンデュ食い尽くしたあと行動不能にならんかったんだろうか。


1位 アイシールド21 269th down 最強の守護獣
マルコも卑怯な手を使わなくなった(というか卑怯な手が利かなくなった)ので、見てて熱さが増した感じ。最後はやっぱり真っ向勝負がいいですね。ここで栗田がさらに覚醒とかして峨王に完勝されると萎えてしまうので数秒抑える程度にしといて欲しいです。

デビルドラゴン・フライがせっかくかっこよく決めようとしてくれてるのに。って、ドラゴンフライってどっちを止めていいかわからないから必殺技として成立してた気がするけど、蛭魔はもう投げれないことがばれてるわけで、だったらセナを止めに行けばいいんじゃないだろうか?はて。

しかし、このマンガのアメフトの共通理解「アメリカンフットボールは格闘技である」はすげえなあ。平気で「勝利の為に敵を壊す」とかいい始めてるしなあ。しかもそれがラインマンだと。壊れる(この表現が好きではないが)のは仕方が無いにしても、壊しにかかるのはいかがなものか。

アイシールド21 28 (28) (ジャンプコミックス)アイシールド21 28 (28) (ジャンプコミックス)
(2008/02/04)
稲垣 理一郎

商品詳細を見る

関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://bookhouse.blog96.fc2.com/tb.php/149-3d1724c6

前回のあらすじ  銀河を又にかけた賞金稼ぎ二人は、特A級賞金首のヤミちゃんを標的にします。そしてヤミちゃんを討ち取るためにリトの頭に...
ブログ内検索
最近のコメント
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。