空想書斎 -ジャンプ感想と作曲のページ-

おもにジャンプ感想と自作曲のページです。作曲後はニコニコにアップしてます。その他、イラストを描くことがあったりなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
ぜひ1クリックを⇒
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【ガンダム00】 #18 悪意の矛先 

やっとこさ感想がおいつきました。
最近見始めたアニメは撮りだめして見れてません。ペルソナ トリニティ・ソウルとか狼と香辛料とか…
狼と香辛料は音楽がシンプルで好きでした。3話以降見てないのでまた隙をついて見るとします。

さて、今回はガンダムの感想。「続きを読む」からどうぞ。

【あらすじ】
ガンダムマイスター・セカンドチームによる軍事介入が繰り返されていく。セカンドチームの軍事介入は世界の心証を省みない。世界各国の軍事施設への介入、軍需物資を生産する民間施設への介入。その容赦のない行動にプトレマイオスのクルーたちは驚きと憤りを隠せない。

スメラギは現状の分析し、ヴェーダがハッキングされていることを、そしてソレスタルビーイングの中に密通者がいることを懸念する。時を同じくしてティエリアがヴェーダの中にアクセス形跡を見つける、だがそこにはアクセスができない…

さらに時を同じくして、ミッションの合間の移動中にネーナ・トリニティは民間のパーティー会場を「誤射」してしまう。そこにはルイス・ハレビィとその家族が…彼女は家族と自分の左手を気まぐれと悪意によって奪われるのだった…



【感想】
ここまでただのバカップルでなんで出てきてるんだろうと思ってた(失礼)、少なくとも日常の象徴として描かれているだけだと思ってた沙慈とルイスが不幸の底に叩き落されました。さすがにこれは黒いわ…しかも、本当に悪意の在る偶然だからなあ。さすがにそこまでせんくても良いんじゃないかと。

そして、毎回毎回もれなく名言を放ってくれるグラハム・エーカーさん万歳。「今日の私は阿修羅すらも凌駕する存在だ!」って、どんだけ使い勝手のない言葉をここまでさらっと言い放てるのか。「阿修羅」も「凌駕」も最近使ったことないよ。
そして、ガンダムはどれだけ硬くても自分の武器ならダメージをあたえられるようです。予想外の戦い方と右腕をぶっ飛ばす戦果を上げてくれたのでグラハムさんを見直しました。やればできる子じゃん。ただのガンダムフェチからガンダムを憎む人になりました。つか、体が持たないスペックまで改造してあるとはいえ普通にグラハムさんってエースパイロットなんじゃね?(今更)

普通にガンダムクラスのモビルスーツでグラハムさんがでてきたら、もしくはアリー・アル・サーシェスが出てきたらかなりの脅威じゃないかな。逆に「擬似太陽炉なので永久機関ではない」「グラハムさんに腕を飛ばされた」などガンダムスローネの格がいきなり暴落してるが大丈夫か?
あとの二人は情緒不安定がパイロットスーツ着てるような存在だし。次男坊はモビルスーツのスペックが同じならコーラサワーさんと五分の勝負をしそうな予感がして怖い。

今週は黒かったけど面白かった。初めて互角の戦闘を見たからか、はたまたソレスタルビーイングが何も活躍せんかったからか。来週は刹那が戦うはずなのでどっちが理由かわかりそう。

では。


機動戦士ガンダム00 2機動戦士ガンダム00 2
(2008/02/22)
宮野真守、三木眞一郎 他

商品詳細を見る
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
最近のコメント
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。