空想書斎 -ジャンプ感想と作曲のページ-

おもにジャンプ感想と自作曲のページです。作曲後はニコニコにアップしてます。その他、イラストを描くことがあったりなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
ぜひ1クリックを⇒
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2007年52号のジャンプ感想  

はやいもので2007年のジャンプもこれが最後。
次号は2008年1号かぁ。時間の早さを感じますね。
そんなこんなでジャンプ感想。

◆番外 トリコ
 たけしの島袋先生の読みきりですね。少年ジャンプは久しぶりじゃないでしょうか。
 感想は…あまり…ほら、グルメハンターってHUNTER×HUNTERでもいるじゃないですか。
 たけしにはギャグがあったけど、今回のやつは真面目に話しを進めようとしたように
 見えるんですよね。そうすると、他の画力のある作家とも戦わなきゃいけないわけで。
 そうしたときにHUNTER×HUNTERのひとつのライセンスのジョブで物語を進めるのは
 ちょっとばかりパンチがないかな。と。
 これを連載されても正直読まないかなあ…

◆5位 BLEACH 301.Shut up & Die
 「劇場公開まであと26日! 巻頭カラー!!」…いやどこまで中途半端なのかと…
 あと、カラーの雨竜。あんたはメガネかけながらボクシングしたのか。無謀にもほどが…

 さて、本編では左手、左足を自分でぶった切っておきながらも白夜兄様が圧勝しました。
 エスパーダは隊長クラスでも手に負えない存在だったんじゃ…
 まあ、数の暴力があったので、一応相性ってものがあったように見えますけど。
 とりあえず、圧倒的さ加減がかっこよかったので。

 あと、千本桜景厳のなかにたたずみゾマリさんがなんかシュールでした。
 っていうか、ゾマリさんも足の自由封じる前にルキアと同じように頭を支配すれば
 白夜に勝てたのに…

◆4位 アイシールド21 259th down 二代目のクォーターバック
 蛭魔が倒れ次のクォーターバックにセナが立つ。
 受け取ったら走り始めることしかできないのかもしれないけど、これはこれで熱い展開かと。
 でも、明らかに蛭魔の頭脳が無いのはきついと思うので、早く目覚めて蛭魔がサポートするか
 まもり姉さんがフィールドに戻って指示しなきゃいけない状態だとは思うんだ。
 しかも、今回に限っては鬼兵も「セナには無理だ」ではなく「できるのか?」って…
 予想屋鬼兵の使い方がうまいなあ。

◆3位 HUNTER×HUNTER No.268 王。
 逆上するわけでもなく、逆に慈しみにより王としての品格すら手に入れる展開は驚き。
 コムギが傷付いたことが王に付け入るチャンスかと思っていたのに、そのことが逆に
 王に足りなかったものを補ってしまう皮肉な展開。
 ほとんど戦わずして有利不利が二転三転しているように見えて、先が見えない。
 ピトーに直せって命令はするんじゃないかと思っていたけど、場所を変える配慮までして
 ようやく戦闘が始まるところのようです。…が、次週で10週目では…
 次はいつになるのだろう。
 
◆2位 魔人探偵脳噛ネウロ 第135話 雨【おおあめ】
 先週も今週も感想を書くのは難しいんだけど、先週枠外にした反動もあって。
 雨【あめ】、雨【おおあめ】っていう2話続きのタイトルもなんかセンスいいなあと思うわけです。
 東京を見捨てれば謎の生まれる機会が失われ、見捨てなければ魔力を大量に消耗するであろう
 この展開にネウロがどう対応するのか。それともこの崩壊そのものが何らかの理由で
 止まるのだろうか。
 謎はなくともアクション性の高くなりそうなこのシリーズに期待。
 しかし、米国人とセレブになにか怨みでもあるのだろうか、松井先生は。
 ところで、1ページ目の金八先生の出てくる回想はただDRが何かを川原に仕掛けたことを
 暗示しているだけなんだろうか。
 松井先生だからそれをミスリードに持って来ていそうなんだけど、わからない…

◆1位 P2! -let's Play PingPong- last step 幸いを信じ少年達は荒野を目指す
 あー…ほんとに終わっちゃったかぁ…もったいない…
 最後は川末兄妹の確執が解かれようとする暗示を見せて完結。1話でまとめるにはいい感じに
 まとまったんじゃないかな、と思いました。
 高槻とヒロムの試合開始前の荒野に卓球台には全身脱力したけど。
 江尻先生はたまにありえないシュールさをわかっててか、わかって無くてか出してくるから困る。

 編集部もわざわざ赤マルジャンプで最終話を載せるあたり打ち切るには惜しいってことを
 理解している気がするんですよね。連載する機会を多くの新人に持たせてあげたい気持ちは
 わかるんですが(そういう理由ですよね?)もうちょっとアンケートシステムを見直すべきでは
 ないんかなあ。

◆おまけ
 ・テニスの王子様
  あの黒い珍獣は猪ですよね?
  見えないものを見る…天衣無縫は悟りの世界か?

P2!-let’s Play Pingpong! 1 (1) (ジャンプコミックス) P2!-let’s Play Pingpong! 1 (1) (ジャンプコミックス)
江尻 立真 (2007/03/02)
集英社

この商品の詳細を見る
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
最近のコメント
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。