空想書斎 -ジャンプ感想と作曲のページ-

おもにジャンプ感想と自作曲のページです。作曲後はニコニコにアップしてます。その他、イラストを描くことがあったりなかったり。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
ぜひ1クリックを⇒
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

価値がわからん… 

実家から祖母の家までは徒歩10分の距離なので、今日は規制のおみやげを渡しに祖母の家に。
ちなみにおみやげはグラマシー・ニューヨークのチーズケーキです。88歳のご老体になんてものをプレゼントしようとしているのか、自分。とは、少し思ったもののそれ以上は気にせず祖母の家に行きました。

祖父はすでになくなっているので、仏前に供えられるチーズケーキ。"GRAMACY NEW YORK"の英文字がお仏壇の上に鎮座ましまししてるのはうっすらシュールな光景です。

で、しばし話をしていたらおじさんが「これの価値がどのくらいあるかわかる?」と出してきた。
帰ってからネットで調べたけど特にどの程度とかわからんかったから多分もう価値はないんだろうなあ。
知ってる人がいたら教えてください。

なにかっていうとベートーヴェンの交響曲5番「運命」のレコードです。しかも78回転(45回転と33回転しかみたことない)。どうやらSP盤とかいうさらに古いレコードらしい。
指揮はトスカニーニ、演奏はNBC響らしい。演奏年月日は書いてなかったのでよくわからんけど、「日本ビクター」の文字が左から右ではなくて右から左への横綴りの文字でした。
価値があるかはわからんがこれだけで超年代ものなのがわかってしまう。

よくそんなもの大事にとっておいて、きれいなまま出てくるなあと感心した一日でした。

スポンサーサイト
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...

2008年22、23号のジャンプ感想 

買わないつもりでいたんですが、買っちゃいました。ジャンプ。
これで愛知に戻るときに重たい荷物がひとつ増えてしまったわけだ。
スクエアを買うころには愛知に戻っているのはせめてもの救いのような気がしないでもない。
というわけで感想は「続きを読む」からどうぞ。

今日は結構外出したのでやや疲れ気味。
でも、緑は目にいいというのがわかりましたさぁ。

関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...

実家に帰ってます 

さすがに実家に帰ってジャンプを買ってそれを愛知まで持って帰る気はないので今週のジャンプ感想は5月1日になりそうな予定です。だいぶ遅くなりますが、ご容赦。
この3日は日記でも書いて間をつなごうかと思います。

今日実家でしたこと。
ルビカンテに火燕流で瞬殺される
ローザンヌ国際バレエコンクールを見る
N響アワーを見る

なんか、妙に音楽を流したおしていた一日でした。
FF4はまだクリアしてないけど、やり直したい…デカントアイテムの入手量とアビリティの取得だけでだいぶ難易度が変わってくる気がする。レベルアップ時のパラメータ補正があることを教えておいてくださいよ、スクエニさん。というわけで、ストーリーはSFC版を2回クリアしてて知ってるので、全デカントアイテム取得に向けてやり直そうと思います。

ローザンヌはスバルを読んだ人なら知ってるはずだけど、アマチュア15歳~18歳を対象としたバレエコンクールで優秀者にはスカラシップが得られるらしい。今年は21人がファイナルに残っていて、そのうち1人日本人がいました。解説の人がうるさかったけどなかなか面白かった。
何が面白いって、観客が素直ってところだと思う。賞をもらった人の踊ったあとは拍手の音量が違う。

ちなみに、コンテンポラリー賞(コンテンポラリーバリエーションの最優秀者)はスペインのアレックス・マルチネス。オーディエンス賞(観客の評価が一番高かった人)は日本の高田茜。
ぶっちゃけこの2人は、素人目に見ても動きが違っていた気がする。なんていうかムラがなかったと言えばいいんだろうか、そんな感じ。でも、高田さんはクラシック、コンテンポラリーの両方ともやや落ち着いた曲を選択していたので、もっと早い曲での踊りを見たかったような気もする。
合唱コンクールでもうまさをアピールするためか、方向の違う曲を2曲演奏しているところもあるし。

最後のN響アワーはソナタ形式の説明をやるってことを新聞で見たので興味を引かれてみてしまった。池辺晋一郎が解説してました…ってこんなところで仕事してたんだ。つくづく脅かしてくれるわ、池辺さん。内容はわかりやすかった。でも、「ここは省略できる」とか言われると結構いい加減なんじゃないかと思ってしまうわけですよ。
とりあえず理解したこと。
・第1主題と第2主題を提示する必要がある
・第1主題と第2主題は対比的であることが望ましい。
・第1主題と第2主題を提示したら中間(葛藤って言っていた気がする。)で曲を盛り上げる。
・再び第1主題と第2主題を提示する。
・前後に序奏とコーダ(帰結)を演奏してもよい

みたいな感じで結構勉強になりました。

関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...

【マクロスF】 第3話 オン・ユア・マークス 

なんだかんだでもうすぐゴールデンウィーク。
今年は休みが連続していないのが幸いして、有給を利用した10連休が取得できそうです。
すごいよね。働き方を忘れそう。いよいよあさってからなのでリフレッシュしようと思います。
4月中には正月以来帰ってなかった実家にも帰ろうと思います。
すっかり盆、暮れ、正月とGWしか帰らなくなったなあ。

さて、あいかわらず更新が遅いマクロスフロンティアの感想は「続きを読む」からどうぞ。
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...

2008年21号のジャンプ感想 

この前KX25を買ったときについてきたCubaseがあまりに使い勝手がいいので調子に乗ってKX25をはずして、家にある使ってなかった電子ピアノにくっつけて見た。
88鍵のキーボードはあまりに使い勝手がよすぎて素晴らしい。Cubaseはともかくとしてはやく電子ピアノとつなげたらよかった。やっとこの練習しそびれていた電子ピアノに活躍の番が回ってきた気がする。
これでDTM環境はひとまずほぼ理想形かなぁ。次にほしいものがもう思いつかないし。
あとはちまちま技術向上、かな。KX25は特有の機能もたくさんあるので、それはそれで使っていきます(予定)。

さて、ジャンプ感想は「続きを読む」からどうぞ。

関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...

【マクロスF】 第2話 ハード・チェイス 

特に何も無い一日を送ってみました。
あ、最近ノートパソコンのブルースクリーンがなんとなく熱暴走のような気がしてきたので、一番お安いパソコン本体そのものを冷やすクーラーを買ってきました。
夏を間近にブルースクリーンが解消されるといいなあ。って、夏と呼べるまではあと3ヶ月近くはあるか。

マクロスFの感想は「続きを読む」からどうぞ。

関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...

2008年20号のジャンプ感想 

あ。何気に先週はジャンプ感想以外何も更新してなかった。
3月よりちょっと暇だったんだけどなー。
ガンダムとネウロが終わったリバウンドのような気がしないでもない。

まあ、ぼちぼちペースを戻していきます。

ペースを守れるジャンプ感想は「続きを読む」からどうぞ。

関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...

2008年19号のジャンプ感想 

今日は特に何もイベントが無かったなあ。
先週を振り返っても特に…仕事は忙しかったけど、2月3月みたいにキレたくなるほどではなかったし。
なにもない平穏な日というのも悪くないもの。

というわけで、さらっとジャンプ感想。
「続きを読む」からどうぞ。
関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...

【マクロスF】 第1話 クロース・エンカウンター 

花見してきました。
ちょうど舞い落ちる花びらが多くなってきてる時期だったので風が吹くと花吹雪でいい感じでした。

ベタなツッコミをすると、もうちょい桜をみんな見るべきだと思うんだ。
みんなの見てるものって、ビールと仲間ばっかじゃないですか。(仲間を見るのはいいことですが。)
あと、桜をバックにテクノな曲を流さないこと。これは大事だと思います。
ドラムをバックに花見をさせられるくらいなら、三味線を希望します。そのほうがまだ風情だ。

さて、マクロスFRONTIERの感想は「続きを読む」からどうぞ。

関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...

【ネウロ】 第25話 最【さい】 

新年度の体制発表というか、体制合意の場が開かれました。
…結果、危険だ…「よくこの人たち今まで何とかしてこれたな」と思うようなスタンスが端々に見られたりした。こわいこわい。
自分の部署で2番目に下っ端なのになぁ。あまりに当てにならんから部署の一番偉いさんとそのしたのプロジェクトマネージャーの下ぐらいまでなんとかちゃっちゃかレベルアップしないと必ずや痛い目を見そうです。
上手く人を回す方法を無い知恵と少ない経験からでも叩きださんと反省だらけの一年になりそう。

こっちでは無い文才をたたき出してネウロの最終回の感想をお届けします。
「続きを読む」からどうぞ。

関連する記事(テスト中)
関連エントリ抽出中...
ブログ内検索
最近のコメント
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。